ニュース&ブログ

名も無き人々の言霊 3

名も無き人々の言霊 3

古本聡

ネットの雑誌や新聞記事で見かけたり、実際に聴いたりした、極々普通の人たちによって語られた印象深い言霊をご紹介しています。
今日は、私が会員になっているロシアの同窓生サイト“V Kontakte”で見つけた言霊をお届けします。
「詠み人知らず」と書いてあったので、遠慮なく引っ張って来ちゃいました。
 

The more wishes and dreams you have,
The more they will come true.
Simple probability theory.
The most essential thing is To have ones!
希望や夢を多く持てば持つほど、
叶うことも多くなる。
単純な確率論さ。
重要なのは希望や夢を抱くこと。
(英訳・和訳 by 古本聡)

私も娘に、夢は二つ以上持つように言っています。

それでは、また次回、心に残る言霊を探してきます!

【筆者プロフィール】
古本 聡(こもとさとし)
1957年生まれ 脳性麻痺による身体障害1種1級 旧ソ連で約10年間生活。内5年間を現地の障害児収容施設で過ごす。 18~24歳の間、障害者運動に加わり、障害者自立生活のサポート役としてボランティア、介助者の勧誘・コーディネートを行う。 大学卒業後通訳・翻訳会社を設立、2019年まで運営。 2016年からユースタイルカレッジの重度訪問介護従業者養成研修統合課程での実習/講話を主に担当。 現在はユースタイルラボラトリー社員。 妻、娘の三人家族。