ニュース&ブログ

名も無き人々の言霊 6

名も無き人々の言霊 6

古本聡

ネットの雑誌や新聞記事で見かけた、極々普通の人たちによって語られた印象深い言霊を紹介しようと思います。

今日ご紹介するのは、20年ほど前に、私が自分の会社のロシア人スタッフを叱咤した際に、そのスタッフ自身が私に返してきた言葉です。





Выбирайте слова и не повышайте голос !
Цветы растут от дождя, а не от грома.
Choose words and do not raise your voice!
Flowers grow, thanks to rains, not to thunders.
もっと上手い叱り方を考えてください。
そしてそんな大きな声を出さなくていいですよ。
花々が育ち咲くのは雨のおかげ、雷のおかげではない、っていうではありませんか。(英訳・和訳 by 古本聡)
あのスタッフは、この小洒落た言い回しで「叱咤されなくても、自分はちゃんと結果を出せますよ。ちょっとの失敗でそんなに叱らなくても・・・。」、と私に言いたかったんでしょうね。
あの時、私の心にあと少しだけ余裕があったら、「花を育む春の雨は、雷鳴とともに降り注ぐ」、なんて切り返していたかもしれません。でも、残念ながら、締め切りに追われていて・・・。「何をぬかすか、この戯け者が!」となっちゃったのでした。

ちなみにそのスタッフ、私のさらなる追撃の叱咤に拗ねてしまって、結局は彼に任せた仕事が期限に間に合わず、その尻拭いの為に私は2日間徹夜をする羽目に。
まぁ、後で反省はしていたようなので、関係は崩れませんでしたけどね、おかげさまで。
「雨降って地固まる」でしょうか。
小さな会社に2つも3つも異文化が混在して、いろいろ苦労しましたが、良い経験になりました。

それでは、また次回、心に残る言霊を探してきます!
【筆者プロフィール】 古本 聡(こもとさとし) 1957年生まれ 脳性麻痺による身体障害1種1級 旧ソ連で約10年間生活。内5年間を現地の障害児収容施設で過ごす。 18~24歳の間、障害者運動に加わり、障害者自立生活のサポート役としてボランティア、介助者の勧誘・コーディネートを行う。 大学卒業後通訳・翻訳会社を設立、2019年まで運営。 2016年からユースタイルカレッジの重度訪問介護従業者養成研修統合課程での実習/講話を主に担当。 現在はユースタイルラボラトリー社員。 妻、娘の三人家族。