ニュース&ブログ

全国事業者ネットワーク立ち上げ構想について

全国事業者ネットワーク立ち上げ構想について

高浜敏之




この度、在宅生活をされている障害をお持ちの方々を支援している事業者の全国ネットワークを立ち上げる予定です。
私たち土屋訪問介護事業所では、全ての必要な人に必要なケアを、というビジョンを共通価値として、現在は主に医療的ケアを必要とする重度障害者を対象に日々の支援活動に邁進しております。

しかし、このビジョンは極めて遠大な課題であり、その達成を土屋訪問介護事業所単独で成し遂げらるとは考えておりません。
今後も同じようなテーマに取り組む他の事業者や様々なステークホルダーとも連携しながら、障害をお持ちの方々の在宅生活とノーマライゼーションの実現をさらに促進したいと考えております。
またそのようなネットワークを事業者間の相互扶助の場として機能させ、いずれはサービスユーザーとサービスサプライヤーが出会うプラットホームとしての役割も果たしていければと考えております。
また現場で出会う様々な制度的矛盾なども解消できるよう様々な事業者の皆様の声を集めて国に伝え、さらなる円滑な事業運営も図っていきたいと考えております。
また現場を担う介護労働者の賃金ならびに社会的地位の向上を図るために様々な取り組みもしたいと考えております。

必要な人が必要なケアを受けることができない現実は、場合によっては自分自身の死を消極的に受容せざるをえないような結末すらもたらします。
私たちは全ての人びとが積極的に生を選択し、自分自身に到来した新しい個性を肯定的に楽しめるような社会を望み、自らがその磁場となり、生き生きと生きられる環境を創造するためのつながりの形を模索していきます。