ニュース&ブログ

当事者主権 中西正司(著)上野千鶴子(著)

当事者主権 中西正司(著)上野千鶴子(著)

高浜敏之




障害者運動と女性運動のリーダーシップを長年担ってきたお二人の共著である言わずと知れた名著である。

重度訪問介護を担う人、土屋訪問介護事業所で働く人、その他福祉事業に関わる全ての人たちに読んで欲しい一冊である。

重度訪問介護の本質を一言で表現しろと言われれば、何の迷いもなく本書のタイトルが思い浮かぶ。

重度訪問介護は、そのサービス現場においても、制度の策定プロセスにおいても、徹底してこの当事者主権、当事者のことは当事者が決める、が貫徹している。それは長年の福祉サービスのパターナリズムと当事者軽視の反省から生まれ、歴史の中で鍛え抜かれてきた思想である。私自身も日本の障害者運動の二大震源地である府中療育センター闘争と青い芝の会の闘士たちと幸いにも交流する機会があり、彼女たち/彼らからこの概念の重要性を徹頭徹尾教え込まれた。

そして現在重度訪問介護のサービス提供を担う中で、現場の隅々までこの、当事者主権、という考えが浸透し、文化となり、血肉と化していることに闘いの成果を発見し、感嘆するばかりである。

一方、重度訪問介護の現場から高齢福祉サービスの現場に移行したときに、当事者の意向というものがまるで黙殺されていることに対して驚きあきれ、まるで全く別の業界に転職したような錯覚すら覚えたものだ。

しかし、さまざまな現場でのさまざまなトラブルなどに出会うたびに思う。もしかしたらこれからポスト当事者主権の時代を切り開いていかなければならないかもしれないと。一部のサービスユーザーに主権が誤解され、権利濫用とも度過ぎたわがままともいえるような場面にたびたび直面する。それはいつしかケアハラスメントと言われる暴力に発展することもある。サービスユーザーの権利が保障され、ヘルパーの権利が侵害される、結果大量離職が起きる、このような例は枚挙にいとまがない。この事態を放置すると、マーケットそのものが成立しなくなるという危機意識すら芽生える。ヘルパーという存在の希少性がますます増していく。なぜなら入ってくる以上に出ていってしまうからだ。ケアハラスメントを受けて傷だらけになって。

主権という概念は誤解を招きやすい。そろそろ次のステップに向かうための新しい概念を構築していく必要性を感じる。ユーザーとサプライアーが共に尊重しあえるような関係を保証する新しい思想が求められる。

しかし反動は絶対に回避しなければならない。未来に向けた新しいステップを歩んでいく必要がある。考え続けていかなければならない。そんな私たちに原点を教えてくれる作品である。


高浜敏之
土屋訪問介護事業所GM。ユースタイルラボラトリー株式会社COO。全国障害者在宅生活支援事業者連絡会代表。慶応義塾大学文学部卒。哲学科美学美術史学専攻。20代は様々な職業遍歴を経て、30歳で重度訪問介護というサービスと出会い、福祉の仕事をスタート。それと同時に日本の障害者運動のパイオニアである新田勲さんが代表を務める全国公的介護保障要求者組合の事務局を担うことに。30代はホームレス支援、移住外国人労働者支援など社会的マイナリティーの権利回復運動にコミット。その後東京都中野区にあるグループホームでの介護職員を経て2012年5月にユースタイルラボラトリー株式会社の立ち上げに参加。デイサービス土屋中野坂上の管理者、生活相談員を経て土屋訪問介護事業所やユースタイルカレッジを立ち上げる。現在は土屋訪問介護事業所を統括しながら事業者ネットワークの発起人として活動する。趣味はボクシング、アート、文学、など。