ニュース&ブログ

ゆるし―あなたの魂を癒す奇跡の力  アイリーン・R.ボリス=ダンチュンスタン(著)佐藤志緒(訳)

ゆるし―あなたの魂を癒す奇跡の力  アイリーン・R.ボリス=ダンチュンスタン(著)佐藤志緒(訳)

高浜敏之




この本とは30台半ばに出会った。

当時私は怒りという感情と向き合うということを大きなテーマとしていた。

障害者運動や反貧困運動など社会運動に積極的に参加したころであり、貧困や差別や社会的抑圧など、社会悪や構造的暴力と出会うことが多かった。

自分の中に、ゆるせない、という正義の感覚が湧き上がった。

そのゆるせなさと正義の感覚はプライベートゾーンまで持ち込まれた。

傷ついた私/私たちはその痛みから回復するためにやがて傷つける側にまわってしまったような気がする。

高ぶった感情が不適切な自己主張の表現をゆるしてしまった。

もちろん良好な関係構築と対話は生まれなかった。

目的とする問題解決はますます遠ざかってしまった。

自分自身の中に生まれた、怒りの感情、と向き合う必要を感じた。

徐々にそんなことに気づき始めたときに手に取った本である。

著者のアイリーン・R・ボリス=ダンチュンスタンはトラウマ回復や紛争解決の専門家で国連でキャリアを重ね、国際紛争の調停や解決に尽力した人だ。

アンガーマネジメントに、人間関係の改善に関心のある方々におすすめの作品です。



高浜敏之
土屋訪問介護事業所GM。ユースタイルラボラトリー株式会社COO。全国障害者在宅生活支援事業者連絡会代表。慶応義塾大学文学部卒。哲学科美学美術史学専攻。20代は様々な職業遍歴を経て、30歳で重度訪問介護というサービスと出会い、福祉の仕事をスタート。それと同時に日本の障害者運動のパイオニアである新田勲さんが代表を務める全国公的介護保障要求者組合の事務局を担うことに。30代はホームレス支援、移住外国人労働者支援など社会的マイナリティーの権利回復運動にコミット。その後東京都中野区にあるグループホームでの介護職員を経て2012年5月にユースタイルラボラトリー株式会社の立ち上げに参加。デイサービス土屋中野坂上の管理者、生活相談員を経て土屋訪問介護事業所やユースタイルカレッジを立ち上げる。現在は土屋訪問介護事業所を統括しながら事業者ネットワークの発起人として活動する。趣味はボクシング、アート、文学、など。