ニュース&ブログ

よきリーダー1

よきリーダー1

小黒昭洋(九州ブロックマネージャー)



はじめまして小黒と申します。
現在九州エリア担当として、仲間たちと日夜奮闘しております。

思い返せば、私の介護業界の入り口はデイサービス土屋 中野坂上で、
認知症をお持ちの高齢者の方が対象でした。

介護は全く初めての業界でしたが、実際に経験してみると「介護」はイメージ通りのお仕事でした。

デイサービスでの勤務では、自身の祖父母にリンクさせて対応しようと努め、
意識を高めて毎日デイサービスに出勤していたのを思い出します。

1週間程デイサービスで勤務しましたが、認知症の方の対応の難しさは今までの自分自身の経験が全く役に立たず、本当に難しく、私は介護に向いてないなと歯嚙みをしたのを今でもよく覚えています。

その後訪問介護事業部に異動し、自身の出身が福岡なのもあって九州エリアの開拓を任命され、
2018年4月に地元福岡に戻り現在に至ります。


私は仕事をするうえで「よきリーダー」というテーマを常に考えてきました。
なぜ組織にリーダーが必要なのか、リーダーとは何なのか、その疑問を私なりに考えておりますがなかなか答えにたどり着かないのが現状です。

皆リーダーに対して「リーダーシップがある人はすごい」とか「大変そうだから無理」とか「ハードルが高い」など避けられがちで、私自身に対しても「リーダーシップがあってすごい」と勘違いしている方がいます。

でも私はリーダーシップは特別なものではなく、誰しもに必要な能力ではないかと思います。

同じ組織の中で同じ人間の集まりで、ただ役割が違うだけではないかと思います。

大きな結果を出すには全員にリーダーシップが必要ではないかと思います。

ただ現在の会社で例えるなら、組織で行動するうえで、団体行動の中でいかに振舞えばよいのか、その行動が適しているのかを考える必要があり、
自分にとって最適なのか、組織にとって最適なのかどうかの判断できる人が必要とされ、自分の立場や感情を優先する人では難しいかと思います。

ただそのような判断はリーダーの経験が無いとわからなかったりしますので、私は関わるひと全員にリーダーシップを求めています。

現在の仕事柄、様々な人と接する上で、私はどんな人でも自分で可能性を否定してはいけないと思いますし、

業務上、時にはすべての責任をもって行動する場面が出てきますし、組織での難しさをたくさんの人が経験できれば、人として成長できるのかなと思います。

今のところ私の理想とする「よきリーダー」とは全体の流れを最適に判断できる人だと思い、そのようなリーダーになれるように今後も精進します。


小黒昭洋  プロフィール

1979年福岡県生まれ、私立高等学校卒後、中古車販売店にて営業
その後実家の建設会社で勤務、取引のある中国、上海にて1年勤務
帰国後7年中国・香港にて人材紹介会社を起業する
将来を考え帰国 2017年よりデイサービス中野坂上で介護職デビュー
2018年より九州立ち上げの為 福岡へ異動 
趣味は旅行