ニュース&ブログ

よきリーダー5

よきリーダー5

梅山真一郎(沖縄サービスマネージャー)




色々な定義やリーダーシップの取り方がありますが

・仲間たちを承認し続けること。
これに特化している人がよいリーダーだと思います。

ここからは某氏の受け売りですが、承認=褒める
ではありません。言葉にして近しいワードは、
承認=あなたのことをずっと見てますよ。
この承認の土台がないとリーダーは部下から「怒る」も「褒める」も受け取ってもらえません。
想像してみてください。
日頃関わってない上司がフラっとやってきて
◯◯さんいつもがんばってるね!
◯◯さん何をしてるんだ!どうしてこういうミスをしたんだ!
と言われても表面上は喜んだり反省の弁を伝えたりしますが内心は「日頃全然私のことを見てないじゃないか」と当然思います。
しかし、毎日のようにあなたのことをしっかり承認しているリーダーから同じセリフを言われたとき、誉められたら天にも昇るように嬉しいし、怒られたら心から反省すると思います。
まず、この承認の土台を作ることです。
では、承認を具体的に細分化すると5つあると言われます。
①結果承認
結果が出たときに承認する。
例:◯◯さん、この前の社内プレゼン優勝おめでとう!

②プロセス承認
結果はダメだったがそのプロセスを承認する。
例:◯◯さん、この前の社内プレゼンはとても資料作成や準備がんばってたよね!

③行動承認
結果ではなく行動を承認する。
例:◯◯さんいつも隅々まできれいに掃除ありがとう!

④意識承認
何も仕事はしてないが、その意識を承認する。
例:こんなところに掃除道具がおいてある。あ!◯◯さん掃除しようとしてくれてたんだね!ありがとう!

⑤存在承認
存在するだけで承認する。
例:◯◯さんが出勤してくるだけで社内が明るくなるよ!
です。①~⑤まである承認ですが①②は基本的に皆さんやってると思いますが③~⑤までやっているリーダーは日本に2%と言われています。
承認はとにかく回数です。①、②は承認の回数は限られておりめったに出来ません。しかし、下にいくほど回数は増やせます。
また想像してみてください。⑤の存在承認を社内の人全てがやっていたら。。。その会社は無敵です。
人は承認されたい生き物です。飢えてます。この飢えたままが続くと離職に繋がります。
そこを止めるのが承認できるリーダーだと私は思います。



梅山真一郎

20代に販売営業、葬儀の営業を経て30代で介護の門をたたく。
介護付き有料老人ホームで6年働いた後に去年8月ユースタイルラボラトリー株式会社入社。
本エリアの立ち上げを行い、現在沖縄でキレイな自然と海に囲まれて癒されております!