ニュース&ブログ

よいヘルパー15

よいヘルパー15

梅山真一郎(沖縄サービスマネージャー)



皆様日々の温かいケアをありがとうございます。
さて「よいヘルパーとは」
改めて考えると簡単なようであり、とても深い言葉だなと思います。
皆様が思うよいヘルパー、利用者様が思うよいヘルパーはそれぞれですが私は
・柔軟性を持っているヘルパーさん
「柔軟性」うちの会社でもよくでる単語の一つです。

柔軟性とは、その場その場で機転を効かせて行動や分析などを素早く対応出来ることや、色々な場面に臨んでその変化に応じて適当な処置が出来る性質のことです。 例えば利用者様が昨日と今日で言ってることが違ったり、その現場のコーディネーターが会社の方針を伝えても変更になったりすることが多々あると思います。 そこで言ってることややってることがコロコロ変わるなと不満に感じて立ち止まるのではなく、そう変わったのは何故だろうと前向きに捉え変化さえも楽しめる考え方を持っていることは同じく変化し続ける会社にとっても大変貴重です。

・回復力を持っているヘルパーさん
介護はよく感情労働だと言われ心が疲弊しやすいお仕事です。
重度訪問介護は長時間、利用者様と一緒の空間にいることになります。
聞きたくないことも言われるし、傷つくようなこともあるでしょう。

そこで自分独自の心の回復の仕方を持っているヘルパーさんはそれだけで一つの強みだと思います。
傾聴力と同等に受け流す力、鈍感力も必要なスキルです。
私はお肉と睡眠でだいたい回復します(笑)

・全方位的愛を持っているヘルパーさん
究極ですが、仕事、利用者様、同僚、家族、友人に対して愛を惜しみ無く注いでるヘルパーさんがたまにいます。
その方はいつもイキイキと仕事をされ、もちろんどの利用者様のところに行っても受け入れられています。
愛は注ぐと必ず返ってきます。
その愛の交換を全方位的に行うとその方に関わる全ての人が自尊心が満たされ結果、いい方向に転んでいくのは当然です。
色々書きましたが、果たして私にそれが出来ていたのかと問われると正直ほとんど出来てないと実感します。しかし、これらを意識するだけでも明日からの現場でより楽しくお仕事できるのかなと思っております。


最後に皆様が日々、現場に入っていただいてるお陰で利用者様、この会社があると心から思っております。
主役は皆様です!


梅山真一郎
プロフィール

20代に販売営業、葬儀の営業を経て30代で介護の門をたたく。
介護付き有料老人ホームで6年働いた後に去年8月ユースタイルラボラトリー株式会社入社。
熊本エリアの立ち上げを行い、現在沖縄でキレイな自然と海に囲まれて癒されております!