ニュース&ブログ

よいヘルパー19

よいヘルパー19

八木橋武尊



一言でいうと、信頼できる人間です。

利用者からの視点、会社からの視点はもちろん

社会生活を送っていくうえで最も大切で基礎的なことだと思います。

ユースタイルラボラトリー株式会社へ常勤入社すると、漏れなく入社オリエンテーションを受講していただくのですが

第2回ESL入社オリエンテーションのテーマでもある

「キャリアパスと評価基準」

この回にすべて凝縮されています。
以下項目


コミットメントがあること。

謙虚で素直で誠実であること。

フレキシブル(柔軟性)が高いこと。

ポジティブであること。

レジリエンス(再起力)が高いこと。

ステイビリティー(情緒的安定性)が高いこと。

コンテキスト(文脈)が読めること。

決断力と行動力があること。

クリエイティブかつクリティカルであること。

失敗から学ぶ姿勢と能力があること。

チャレンジングであること。

強く語り、深く聞けること。


以上、現段階で12の評価項目があります。

よいヘルパーを定義するのは難しいですが、あえてすれば

これが備わっているヘルパーを
「よいヘルパー」と定義させていただきます。


冒頭へ戻りますが

では、どうしたら信頼関係を構築しやすいのでしょうか?

答えは簡単です。

言葉以上に行動で示すこと

私が非常勤ヘルパー時代に心掛けていたことは

休まないことです。

とにかく遅刻せずに行く、です。

逆の立場から想像すると、地震や台風などの悪天候の中、いつものようにヘルパーが支援に来てくれたらこう思うはずです。

「こんな日でもちゃんと来てくれるんだ」

もう言葉なんていりません。
なに事もなかったかのようにいつも通り支援に入るだけで、信頼がグンッ!とUPします。

困っている時や弱っている時に助けてもらえると

一気に好感度が上がる効果があるのではないでしょうか。

恥ずかしい話ですが

この仕事に出会うまで、遅刻や欠勤をたまにしてしまう悪い癖があったのですが、利用者家族の生活と命が掛かっているというリアルなプレッシャーのおかげで、自然とその癖が治りました。

おそらくそれまでの人生は、あまり人から信頼されていなかったんだな、と今になって理解しています。

自分が変われば周りも変わる

人生をエンジョイするきっかけを作ってくれた

利用者様、ご家族様、ESLの方々

すべての方へ感謝と敬意を表します。