ニュース&ブログ

よきリーダー14

よきリーダー14

青山純二(札幌サービスマネージャー)



  私が良きリーダーか否かはさておき、「良きリーダーとは?」という問いには、支援する上で人に指導する立場として今まで私が培った技術や心構え、姿勢、対応の仕方を通り一遍ではなく事細かに伝える事が出来るかという事がまずその始まりではないかと思う。
技術については利用者毎にもちろん身体介護の支援内容の手順等は様々ですが、必ず理由があっての手順等なのでその理由も添えて、「こういう時はこのようにします。何故なら・・・」と教わるスタッフに伝えると比較的すんなりそのスタッフは習得出来る場合もある。理由も添えずに形式的に伝える事とそうでないかは習得時期は明白であると思う。
心構え、姿勢と言った所作についてもきちんと指導していかばければならないが、内面的な指導は技術を伝える事よりも難しさはあるのかなと思う。もしもその場でスタッフの様子が一般的ではなかったとしたら指摘はするが、指摘された事についてきちんとわかってくれたかどうかはその人だけにしかわからないかもしれない。

次に、サービス提供責任者に業務内容を指導すると言った「良きリーダーとは?」について述懐すると、こちらについても上記の通り、通り一遍ではない伝え方が望ましいと思う。
支援内容を指導する事とは若干、業務内容が異なるがこちらについても1から指導する必要がある。私が今まで培った事を教えるので、当然ながらそれ以上の事は教えられないが懇切丁寧に伝えられたらと思っている。やはり理由付けは重要になってくるかなと思う(当然と思われる方等の賛否はあると思うが)つまりは、どのような局面でも人にきちんと指導出来るか否かが良きリーダーか、はたまたそうではないかの分岐点だと思う。
更には人に指導するという事は、まず自分自身を指導して自分自身を律していかなければ、良きリーダーとは言えないのではないか。延いては何の説得力もないのではないかと思う。
私自身はそこには達していないが・・・

もう一つ、重要な事がある。
それは、スタッフ一人一人を信じる事。
時々、裏切られる事もあるが 笑
良きリーダーとはスタッフ一人一人を信じる事が上記を述べた事より何より重要なのではないか。