ニュース&ブログ

よきリーダー16

よきリーダー16

大庭竜也(福山サービスマネージャー)



よいリーダーを考える時にまず、悪いリーダーとはなんだろう。と考えました。
僕が思う悪いリーダーとは、自身の利益しか考えていないリーダーだと思います。

よいリーダーとは、チームの先頭に立ちチームが迷わないように指揮を取りチーム全体を引っ張っていく事が大事だと思いますが、僕自身の経験の中で一番大事な事は、【縁の下の力持ち】だと思います。
他者を成長させる事が出来、なおかつ輝かせる事が出来るリーダーがよいリーダーだと思います。

【縁の下の力持ち】でもっとも必要な事とは、
縁の下の力持ちという事は、自分が活躍するのではなく、他者の活躍をサポートするという事です。
他者の活躍を応援したり、サポート出来る方は、尊敬出来ます。そうゆう方に自然と人が集まる傾向があると思います。
人に好かれない。人が集まらない。こういった方はリーダーにはなれないと思います。
こういった方の特徴は、最初にあげたように自分のことしか考えていない人や自身の利益しか考えていないリーダーが陥りやすい行動かなと考えます。

人に好かれる為に動くのではなく、人の為に何ができるか?客観的に物事を捉え本質を見抜く力が必要だと思います。
そして、総体的に物事を捉えれる事が出来、点ではなく面で見る事が出来る物事の考え方が必要になると思います。
自分の利益しか考えてない人の行動は、目の前の利益に手を伸ばします。
それではダメです。よいリーダーと言われる人は、未来を見据えて、他者の力を伸ばしチームとして戦います。
そういった行動していると、自然と人に好かれます。そして、人が集まります。
相乗効果が生まれ、よいリーダーになれます。

よいリーダーとは、自分で決めるものではありません。全てにおいて、評価とは第三者が行うものです。あの人よいリーダーだね!と評価してくれるのも第三者です。 そして自己分析能力です。
自己分析能力を行い、自身に足りないものを自身で気づき、群像の感覚を身に付ける事が大事だと思います。
群像の感覚とは、自身の現在置かれている立場や役割はなんだろうと考える感覚です。
群像の感覚が身に付いていないリーダーは、立場や役割を誤解し、間違った方向に向かう傾向があると思います。
最初に申し上げた通り、リーダーとはチームの先頭に立ちチームが迷わないように指揮を取りチームを引っ張っていくことも大事です。
そのリーダーが群像の感覚を見失うと、チームが見失うという事になります。
なので、とても大事な感覚だと考えます。

よいリーダーとは、他者の能力を最大限に引き出す事が出来、なおかつ成長出来る環境作りを行い、未来を見据えて行動出来るリーダーが、最もよいリーダーだと考えます。