ニュース&ブログ

よきリーダー18

よきリーダー18

福武早苗(土屋訪問事業統括部ジェネラルサポーター)



社会にはたくさんのリーダーが居る。
リーダー論は数多くネットや書物にも書かれている。

弊社のリーダー論については、常勤の方は新入社員オリエンテーションという研修の中で、リーダーシップ論について問われたことと思います。

ちなみに私は『仕事が出来る人』と、入社当初、即答しています。
自分の上に立つならば、自分より仕事が出来る(何でも知っている)のは当たり前であり、『尊敬』出来なければ厳しい。
とはいえ、それだけでも無いのですが……。

この土屋訪問介護事業所に務めて2年以上の間に、私は 当事者の方、スタッフ外部の方も含めてですが、お仕事で広域に出向かさせてもらったおかげで、たくさんの方に接する機会をいただきました。これだけ短期間でいろんなタイプの方に出会える仕事もまぁ無いので面白いなぁと最近つくづく思います。
そのたくさんのスタッフと上司が居て、その中で何かしらリーダーという役割を任せてもらっておりますが、
ただ、売上を上げればいい、書類を完璧に揃えればいい。それだけではないのです。
常に自分の中でも、「よきリーダー」
人をまとめる役割にある者としての意味について考え行動しているのですが、なんせ介護事業所なので他の職場以上に感情労働が付き物です。

このリーダーという役割は、誰にでも出来る可能性や必要性があると思っていますが、リーダーになる為にも要素や努力は必要だと思います。

基礎的な人格の土台は、この世に生まれて幼少期である3歳位の間に形成されるそうで、最も重要なのが、心の軸となるところで『自分は愛されている』『自分は必要な人間だ』という深い自己肯定感や肯定的世界観がしっかりと根っこにあるか。
そして、生まれてから何人の人に出会い、しかも自分に良い影響を与える人とどれだけ出逢えるか、で人ってすごく左右されるなと思います。
環境がなかった。。。私は出来ない。
そう思われた方は、自分自身が考え方を少しだけ変化させてみると、以外にストレスが減り自然にいい方向へ変わるのでやってみて損はないと思いますし、人は変わらないのではなく、変わろうと思うことで、リーダーにもなれるので、会社としても喜ばしいことだ、と思います。

EQについて触れたいと思います。
『    私情動の知能指数。いわゆる「頭のよさ」を指し示すIQ(知能指数)に比した概念。IQがおもに「知能」の発達速度を示すのに対して、EQは仕事への取り組み姿勢や人間関係への関心の度合いなどを感情という視点から測定する指数。社会的に成功する者の多くは、情動を調整する能力に長けているとされるが、EQでは問題処理能力や事務処理能力に加え、環境に適応する能力や仕事に対するモチベーションをコントロールする力など、知能を多面的にとらえたより実質的な判断基準として、企業の採用や人材育成などの判断材料となっている。』

以上  コトバンクより抜粋

心の知能指数EQは、よきリーダーとなるには必須項目だと思われます。
誰でもEQを鍛えることは可能で、
リーダーになりたい、現リーダーの方は是非鍛えて欲しいのが忘れがちなEQです。
高いEQは仕事上の成功や人間関係の構築に役立つといわれています。
感情労働なのでEQを高めることでストレスも軽減されると思います。

鍛える方法もさまざまです。

1、初めに、磨きにかけたい分野を1つ選ぼう
・他人の心がもっとわかるようになる、とか
・自分の内面をもっと深く見つめられるようになる、とかでもいいし

2、必ずしも自分と意見が同じでない人に囲まれようーーー会話を通じて、異なる物の見方を学ぼう

3、「キャリアミラー」を見つけようーーー自分以上に自分のことを理解している人からのアドバイスは貴重

4、自分に対する「批評家」を見つけようーーーあなたのいいところも悪いところも、ざっくばらんに指摘してくれる信頼できる人に意見をもらおう。

5、他人の視点から物事を見てみようーーー特にリーダーとしての役割を求められている場合、相手の気持ちになって考えてみることは大事

6、相手が嘘をついたとき、どうして嘘をついたのかその理由や背景を考えてみよう

7、相手の気持ちを直接聞いてみよう

8、感情的になり過ぎず、相手に共感することを学ぼう

9、謙虚に振る舞おうーーー尊大な態度は人を遠ざける

10、何が自分の怒りを爆発させるか知ろうーーーそれが分からないままだと、同じことの繰り返しだ

11、自分の強みと限界を知ろうーーー自分を理解することで、その能力を生かし、必要なときには周りに頼ることができる

12、自分の感情に名前を付けれるようになろうーーーきちんと把握することで、どう対処すればいいか、具体的に考えれるようになる

13、行動に移す前に、ひと呼吸入れて冷静になろう

14、自分の”イライラのもと”が何なのか、理解しようーーーそうすることで、八つ当たりを回避し、大事な人間関係を壊さずに済む

15、相手をすぐに判断しないーーー悪いところがあれば、いいところもあるはず

16、自分への思いやりを忘れずにーーー自分に厳しくし過ぎないことで、失敗から学ぶことにもつながる

……等Business insiderから引用

私自身がEQを鍛える方法を実践してきた訳ではないのですが、
読んでみると、私自身が実践してきたことと共感することが多くありました。

私が日頃から実践していること。
や考え方ですが

まず、他者への思いやり、感謝をすること。当たり前だけど難しいですよね。

言葉には表面だけでなく裏側に隠れた意味もあるので
言葉だけで、無理です。もう必要ない。
と言われたから終わり。ではなく、
その一点だけしか見ない聞かないのではなく、あらゆる角度から見聞きすることで理解出来ることがあります。
言葉は感情の表現なので単純じゃぁない、ってことです。
誰かのことを知るということは
手っ取り早く言うともっと興味を持つということでしょうか。
これは、物に対しても同じです。
あと、自分と同じ意見を言う人との環境は楽かもしれません。でも、同じ意見だけだと成長はしないです。
親しい人にからの厳しい助言も耳が痛くて反発したこともありますが
よくよく考えると自分の為だったので
素直に聴く姿勢や謙虚さも大事なことだと思い、言われた時は、、、と思っても、何故言ったのかを考えるようにしています。

そして、誰しも心の軸にある自己肯定感は高まったり低まったりするので、低くなったとき気をつける。

「よきリーダー」である為に
新入社員オリエンテーションで教えられた『強さ』と、『優しさ』
その通りだと思います。
その言葉の中に含まれた意味を皆さんにも考えてもらえたら、と思います。