ニュース&ブログ

復帰したい会社とは

復帰したい会社とは

吉田政弘(兵庫エリアマネージャー)



先日、兵庫で一緒に仕事をしている女性コーディネーターの同僚にお子さんが生まれた。ここ最近の中でも特別嬉しいニュースだった。彼女には、今は仕事のことは考えず、専ら体調の維持・回復とお子さんとの貴重な時間を楽しんでいただければと思っている。

 彼女は現在、産休・育休を取得しており、出産後も時期を見て仕事復帰する考えでいてくれている。ユースタイルラボラトリー株式会社ではこれまでも産休・育休取得の前例があり、彼女も同じように考えてくれているようである。

 私がこれまで働いてきた別の会社でも産休・育休を取得し、仕事に復帰する女性社員はいらっしゃったが、今回の同僚の仕事復帰には特別な思いがある。
 もちろん彼女が優秀であり、早く戻ってきてくれればそれだけ助かるという面もあるが、それだけではない。
 私が嬉しいのは、彼女が復帰に値する会社と判断してくれていることである。

 介護業界の人材は引く手余多の状態であり、働く場所はいくらでもある環境である。それ故に自分に合わないと判断すればすぐに辞めていく人も多い。

「〇〇という会社で働いている」というよりも「介護で働いている」という認識であり、会社への帰属意識というものが私のこれまでいた業界・会社に比べてとても薄い印象を受けている。
 そんな中で、復帰してもらえる会社であることが一社員としても、一兵庫のチーム員としても大変嬉しく思う。

 社員が戻ってきてくれる会社、帰属意識を感じてもらえる会社とはどのような会社だろうか。

 私は今回の同僚の産休・育休を通して、やはり社員一人一人のプライベートやその時々の状況を理解し、配慮してくれる会社であることが大切だと感じた。

 大企業のヤクルトも社内に託児所を作って女性従業員の維持・確保に成功したという。女性の社会進出を推進するための国家施策の中でも企業内保育事業が進められている。最近では男性の育休取得も国会の場で話題になっているところである。

 ユースタイルラボラトリー株式会社、土屋訪問介護事業所は24時間常に利用者の支援に誰かが入っているという重度訪問介護の仕事の性質上、ワークライフバランス(仕事とプライベートの明確な分離)というよりはワークライフインテグレーション(仕事とプライベートの融合、相乗効果)という考え方の中で走っている会社である。そのような仕事仲間だからこそ、仕事仲間のプライベートを大事にしたいと思うし、会社として、チームとして応援できるところは互いに応援していきたいと思う。

 ユースタイルラボラトリー株式会社の男性マネージャーの中にもお子さんを職場に連れてきて仕事をしている方がいた。兵庫チームも今回生まれてきたお子さんが事務所に一緒に来て仕事をするような日が来ればいいなと思う。