ニュース&ブログ

土屋人紹介25  高山力也

土屋人紹介25  高山力也




私は今から二年ちょっと前の’17年ゴールデンウイーク前後に、当社ユースタイルラボラトリー株式会社に入社しました。それまでは京大の山中先生で脚光を浴びつつある再生医療の事業化を手掛けるベンチャー企業を始め、数々の医療系の会社を転々とし直近では個人事業主としてクリニックや介護施設の開業支援のコンサルに携わっておりました。

そして当社に参加してからは約半年ほど都内の現場を中心に修行を重ね、まずは’17年の11月に名古屋事業所の立ち上げのため中部・東海地方に異動致しました。転居当日のディナーは確か味噌カツとエビフライだったと思います。

その後お隣三重県での事業展開のため少し西に離れた四日市に居を移し、そして九州ブロックの小倉事業所立ち上げで福岡県北九州市に、さらには東北ブロックのテコ入れということで仙台、現在では紆余曲折あって山梨県甲府市におけるサービス展開に落ち着いた(?)ところです。

このように自称「土屋の渡り鳥」を標榜しつつ東から西まで日本各地をくまなく回ってきた私ですが、その過程でつくづく痛感させられましたのはどこも障害福祉サービスの受け皿がまだまだ圧倒的に足りていないという現実です。これは日本全国どのエリアにおいても共通する課題だといってもいいでしょう。
ご存じのとおり土屋訪問介護事業所の基本理念は「全ての必要な人に必要なケアを」です。その実現のため、自分にできることなら何でもさせていただく所存であります。皆さまもご協力どうぞよろしくお願い致します。


【略歴】高山力也
某国立大学大学院を修了後、H11年に当時まだ珍しい再生医療を扱うバイオベンチャーに就職、先端医療領域での新規事業立ち上げに携わる。その後、生殖補助医療領域でのMRを経て、H19年大手ITベンダー系の事業会社に転職、バイオテクノロジーやヘルスケアを専門領域として投資活動や大学との共同研究を手掛ける。またその傍ら、医療経済などに関する見識も深める。H21年に独立、診療所や介護施設の開設支援コンサルを手掛け始める。このときの経験から介護・福祉領域での仕事のやりがいに目覚め、弊社ユースタイルラボラトリー株式会社にはH29年5月より参加。名古屋事業所や北九州小倉事業所など日本全国各地での新事業所立ち上げに関り、現在は土屋訪問介護事業所甲府を担当している。