ニュース&ブログ

なぜ介護8 「ありがとう」という言葉

なぜ介護8 「ありがとう」という言葉

片岡大介



私がなぜ介護という業界に飛び込んだかというと幼少期に両親が共働きで毎日、祖父母 に面倒を見てもらい、祖父母のことが大好きだったことに始まり、いつか恩返しがした いと思ったのがきっかけで高校受験時に私は保育・福祉学科のある高校を選んだ。

高校で保育や介護について学んで行くうちに保育にも興味を持ったがピアノが引けないこ とを理由に諦め、介護福祉士になることを選んだ。

十数年前はニュースなどで「これからは介護だ。」とよく耳にする機会があり、さらに専門 学校などでは定員を増やすなどしていて実際に盛り上がっているんだと介護に対して良い 印象が強かった。

そこで介護福祉士になるには3年間現場で働くか2年間専門学校に行くかの選択肢があり 専門学校に行くことを選択し、知識や技術を学んだ。

実際に施設などに実習に行くと介護業界の3Kを経験し、自分には無理かもと思うこともあ ったが自分の祖父母と同年代の利用者様たちに「ありがとう」と笑顔で言ってもらえると とても充実感もあった。

「ありがとう」と一言言ってもらえる嬉しさを体験したことで介護の業界で仕事すると決 断し、介護業界に飛び込んだ。

今でも「ありがとう」と笑顔で言ってもらえると頑張ろうと思えます。

「ありがとう」という言葉は不思議な言葉です。


※片岡大介プロフィールはこちら