ニュース&ブログ

祝!ボジョレー解禁♪

祝!ボジョレー解禁♪

高山力也

皆さん、今日は。甲府の高山です。11月21日、ついに’19年のボジョレー・ヌーヴォーが解禁しましたね。

一時期ほどの熱狂がなくなったのは否めませんが※1、やはり酒飲みの一人としてこの時期には心躍らされるものがあります。
ボジョレー・ヌーヴォーとは仏ブルゴーニュ地方南部に隣接するボジョレー地区産でガメイという品種のブドウで作られる新酒のワインです。その年のブドウの出来を占う意味合いがあるといわれています。
なおボジョレーの解禁日は毎年11月の第三木曜日です。時差の関係ということですが、世界で日本が一番早く解禁されるそうです。
ボジョレーワイン委員会によりますと今年の評価は「有望だが、生産者のテクニックが重要な年」とのことでした。

ちなみにボジョレーにも等級がございまして、名称に「ヴィラージュ(村)」と冠しているのは産地指定のものですね。なおボジョレーに限らず、基本的にワインのブランドは「畑」を意味します※2。
以下に個人的におすすめな銘柄を幾つかご紹介させていただきます。

・ジョルジュ・デュブッフ(GEORGES DUBOEUF)
 ボジョレーといったらジョルジュ・デュブッフというくらい有名で、「ボジョレーの帝王」とまで呼ばれています。そもそもボジョレー・ヌーヴォーは熟成期間が短いため風味の損なわれるのが早く、かつては大酒飲みが手軽にがぶ飲みするための安酒に過ぎなかったそうです。それをジョルジュ氏は「期間限定のプレミア感」に置き換えて宣伝したんですね。ジョルジュ氏の思惑は見事に当たり、世界中でボジョレー解禁がお祭り的イベントとなりました。ジョルジュ・デュブッフは非常に伝統的な製法にこだわっており、まるでジュースのようなあっさりした口当たりが特徴です。



・マルセル・ラピエール(MARCEL LAPIERRE)
 マルセル・ラピエールはいわゆる「自然派ワイン」の代表といわれ、化学肥料や農薬の類を一切使わないオーガニックなブドウ栽培を売りにしています。さらに二十一世紀の現代においても完全手摘みの収穫にこだわっているとか。ボジョレーの中では比較的渋みや酸味などエグ味が強めなのですが、それがまた好きものにはたまらないといった感じでしょうか。



・ドミニク・ローラン(DOMINIQUE LAURENT)
 ドミニク・ローランもまた伝統的な醸造にこだわっており、ワインへのダメージを避けるため、瓶詰め前の濾過や冷却といった工程を極力最小限に留めているそうです(そのため瓶の底には結晶のような沈殿物が沈んでいてキラキラ光ります)。非常にさっぱりした印象の多いボジョレーですが、ドミニク・ローランはブドウの果実感がたったかなり重厚な味わいを楽しめます。



その他にもそそられるボジョレーのブランドは色々とあるのですが、いい加減きりがないのでこの辺りにしておきましょうか。

皆さんもよろしかったら、’19年のボジョレーを心ゆくまで楽しんじゃってくださいね。Vive Beaujolais♪

※1 例えば’07年にはボジョレー総出荷量のうち実に半分近くの46%が日本で消費されたそうです。
※2 超高額なワインとして知られるロマネ・コンティは、ブルゴーニュ地方ヴォ―ヌ・ロマネ村にあるたった1.8haの畑のブドウから作られたものです。ロマネ・コンティはボトル一本(750cc)最低でも100万円以上しますが、同じDRC社の生産するワインでも畑一つ違えたラ・ターシュやロマネ・サン・ヴィヴァンなら1/5から1/10くらいの値段で購入可能だそうです。それでも充分高いですが(笑)。

高山力也のプロフィールはこちら