ニュース&ブログ

障がい者の年収水準ってどのくらい?~その現実と課題について~

障がい者の年収水準ってどのくらい?~その現実と課題について~

古本聡



「障害者雇用促進法」が改正され、障がい者の雇用率は、遅々としたペースながらも上昇傾向にあるようです。もちろん、それはそれでとても良いことではあるのですが、その一方で、障がい者の収入水準の数字データに関しては、あまり注目されていないのではないか、という感が否めません。障がい者がただ雇われる存在から、企業の戦力として活躍するようにしていこう、という機運が高まるなか、この収入水準の現実と課題にも取り組んでいく必要があるのではないでしょうか。

3人に1人は年収200万未満
2016年5月17日付けの調査結果によると、障がい者の98%が、年収200万円以下で生活しているという結果が出ました。これは、障がいをもっている方が通う作業所などが加盟している、東京都新宿区に本拠を置く「きょうされん」が、2015年7月~2016年2月に、作業所を中心に調査したものです。※調査報告はこちら

この調査では、生活保護受給者を除く、何らかの障害を持っている1万4332人に収入状況について尋ねたところ、その人たちの98%が年収200万円未満と回答したそうです。また、障害基礎年金2級受給者が42%、1級受給者が36%で、その他各自治体が支給する独自の手当類を受給している人が8.6%で、その他の収入は、作業所などで働いて得る、数千円から数万円まで程度の賃金でした。(障害基礎年金の受給可能等級は1級と2級のみです。)

精神障がい者の場合では、例え企業に就職していても、53%が年収200万円未満で、正社員は14.5%にすぎず、35.5%はアルバイトやパート社員です。企業で勤務している身体障がい者では、年収が200万未満は26%と、精神障がい者に比べるとやや高めではありますが、それでも、キャリアップできる可能性がほとんどなく、両親など家族と同居で暮らしていなければやっていけない方が多いようです。自立生活などは夢のまた夢、ということでしょう。

・働いている障がい者がどのように感じているか
障がい者本人の意見としては、「社会保険に加入できたからよかった」(50代女性・年収100万円未満)、「給料をもらえるだけまし」(20代男性・年収200万~224万円)、など、年収が低くても、働けるだけまだよい状況だと考えている人もいます。 ただ、なかには、当然のこと、キャリアアップができないことや、ボーナスや退職金もないことを不満に感じている障がい者もおり、理想の年収は300万円~399万円という回答が最も多かったようです。

・キャリアアップの可能性も雇用の課題として捉えるべき
厚生労働省が発表した、「平成27年 障害者雇用の集計結果」によると、民間企業における障がい者雇用率は1.88%と過去最高だったものの、正社員は4人に1人であり、障がい者の約8割はキャリアップに関心があると回答しました。なかには、仕事の幅を広げたい、もっと精度の求められる、高いレベルの仕事をしたいと望んでいる障害勤労者も多くいます。

企業にとっては、雇用率の達成は早急に取り組むべき課題であるといえるのは確かです。ただ、雇用率が上ってきている今だからこそ、障がい者をより高い能力を持つ企業戦力として育成していき、向上心を持っている人に対しては昇給やキャリアップのチャンスを、最初は少しずつでも、最終的には障害を持たない勤労者と同等に与えていくことも、絶対に必要であると、声を大にして訴えたいと思っています。

たしかに、変化に伴う適応能力という点では、障がい者にとって、ハードルとなることが多いかもしれません。それでも、個人の能力をより活かす仕事を見つけ、開発し、確立させていくことは、企業にとっても障がい者にとっても、必ずや大きな利益をもたらす、と考えられます。

賃金は労働に対する正当な対価であると同時に、労働者の自信や生き甲斐にもつながります。与えられた仕事に対する能力は、障がい者であっても、健常者であっても決して変わるものではありません。優秀な人材は企業にとって宝であり、パワーなのです。

「どうせ障がい者だから・・・」と言いつつ、障害勤労者のなかに埋もれさせてしまっている、そのような宝とパワーを無駄に腐らせたり、活かさないことは、企業のみならず社会全体にとっても、絶対に見落としてはならないポイントでしょう。




(2017年7月の記事より、再掲載)

【略歴】 昭和32年生まれ、脳性麻痺1種1級、6歳からの5年間余、旧ソ連の障がい児収容施設での生活を経験した最初で最後の日本人。早稲田大学商学部卒、大学院生だった25歳より英語とロシア語翻訳会社を経営。16年4月よりユースタイルカレッジにて障がい当事者としての講話を担当。