ニュース&ブログ

土屋人日記11  「初体験!私が何をしました?」

土屋人日記11  「初体験!私が何をしました?」

松尾千佳子



京都駅に着き電車の扉が開くと数名の警察官が目に付く。

サービス担当者会議参加のため電車移動で宇治から京都に行くまでの間、支援の見直しや改善点をメモにしながら、戦闘モード!今日は朝からも重〜いサービス担当者会議があり、その闘いの後に続く第二ラウンド。

先日も皇室の方のお伊勢参りで京都駅は規制で混雑、紅葉🍁も重なりお巡りさんも大変と思いながら改札口に向かうと、突然両脇に男性が「すいません、少しお時間よろしいでしょうか」ポケットから黒手帳を出し「警察です、このまま一緒に歩きホームの端に移動して下さい」言われるまま大柄の男性に挟まれて移動、連行?壁に移動すると5〜6名の警察官に囲まれてビックリ!
何処から乗車しましたか?
何方に行かれますか?
お名前?
「はぃ?何なんですか?」と聞くと、
「事件がありまして、服装などががよく似てますので」
女性警官が走り寄って「マスクを取ってもらえますか」
「荷物を拝見させて頂いてもよろしいでしょうか」
「お仕事?」
「ユースタイルラボラトリー株式会社(噛まずにスラスラ言えた)・土屋訪問介護」と言いながら名刺を出そうとすると、
何をすると言わんばかりに周りの警察官の目が鋭くなり、
あれ!これって職務質問???
16時からの会議どうなる?
「これは何なんですか?上司に電話をかけても構いませんか?」とお願いをする。イヤイヤ、何も悪い事して無いのにお願いはおかしい!
毅然とした態度を取ろうと何故か思う。
向こうから厳つい大柄男性が歩いて来る横でコソコソ耳打ちをする警察官、もう何が何だかわからない大柄警察官がギョロとした目で威嚇する。
「名前と生年月日を言ってくれるか?」と偉そうに。
毅然とした態度で名前と生年月日を言う。
公然の場でレディーに何回年齢を聞くねんと少しムカつきながらいると、
突然、大柄が「はぁ!はぁ!」と声を上げ「ミヤ先輩ですか?」。旧姓を答えると、「先輩、○○ですよ」と、突然の笑顔。その瞬間に周りの警察官の目が変わる。「○○君、何これ?」
「イヤイヤすいません、人違いですわ、申し訳ない」
周りの警察官に後輩が説明し警察官撤退、改札口まで後輩が送ってくれたけど何たが嫌な感じ。初職務質問。
その後移動中で反省した事。
闘いに行く時でも道中では戦闘モードにスイッチを入れない。
いつでも笑顔で!

介護とは関係ないことではあるが対人援助のプロとして良い経験をしたと思うかな?

大変な師走の日でした。

※松尾千佳子プロフィールはこちら