ニュース&ブログ

よきリーダー27  精神的に強くなくても人格者でなくてもリーダーになれると思います

よきリーダー27  精神的に強くなくても人格者でなくてもリーダーになれると思います

岡田大喜



リーダーの中には引っ張っていくタイプがいます。
行動力があり、自分自身がバリバリと仕事ができる
ため、部下にもそれを求めることが多いです。
自分の要望通りにできないと叱咤激励をしながら、
お尻を叩いてがんばらせようとするタイプです。
しかし苦手な人も多いと思います。

このようなタイプのリーダーだと、自分のペースで
仕事ができず、かえってストレスを溜めてしまいます。
またこのようなリーダーのスタッフの場合
「自分は仕事ができないのだ」と感じさせてしまう
ため、自信を失ってしまうと思います。
そうなると、このようなリーダーにはついていけない、
と感じてしまう部下も多いと思います。

僕がリーダーを任された際に気を付けている事として、
自分が先頭に立って部下をグイグイと引っ張っていく
のではなく、肩を並べて仕事をしながら引っ張っていくことです。

自分は仕事ができるという雰囲気は出さず、
一緒になって考える、行動する、ということをするため、
スタッフは安心して仕事ができると思います。

例えば人格者ではないけれど、洞察力に優れていれば、
チームメイトの個性を見抜いて適切な仕事を振ることができます。
考えるタイプの人であれば、ミスをすることなく、
仕事を順調に進めていけるかもしれません。

どのような人にも個性があり、リーダーとしての資質があると考えられます。
その人が持つ個性を活かすことで、チームのリーダーとしての役割を果たし、チームを成長させていくことができるのです。
チームリーダーはこういった人でなければいけない、
というものはないと考えてもいいのではないでしょうか?
精神的に強くなくても人格者でなくてもリーダーになれると思います。

※岡田大喜プロフィールはこちら