ニュース&ブログ

すばらしいチーム23  楽しさや面白みをもってこの壮大なスケールの事業に取り組みたい

すばらしいチーム23  楽しさや面白みをもってこの壮大なスケールの事業に取り組みたい

 義之博貴



私が考える素晴らしいチームとは意識して作っていくものでもなく、大きな目標を掲げてそれに向かってチームを固めていくようなイメージもない。私のイメージはみんなで今を楽しみつつ、面白みをもって同じ方向にともに進んでいるかが、自分の中の素晴らしさに繋がっていく

学生時代に何かの部活に打ち込みチームで戦ってきた思い出がある人も多いかと思うし素晴らしいチームに巡り合えた人もいると思います。それは単にそのチームが強かったからか、優勝や一番になれるチームだったから素晴らしいのかを考えたときに

  辛い練習でありながらも共に仲間と過ごし、わちゃわちゃ楽しかった毎日が思い出され、同じ方向を向き、キラキラ輝いていたからこそ素晴らしいチームだったと言えるのではないかと私は考える。

優勝でも一回戦敗退でもチームの素晴らしさはそこではない。共に目指し、日々どのように過ごしてきたか、しんどく辛い日々の中でも結果笑いあえた日々がどれだけあったか。

仕事の中のチームに置き換えてもそうだと思う。

目標は個々にあっていいし、同じじゃなくてもいい。

ただ「必要な人に必要なケアを」という同じ方向性をもって共に進み楽しさや面白みをもってこの壮大なスケールの事業に取り組みたい。

そんな日々が一日でも多く、皆でそう感じれるように過ごせたらと思う。