ニュース&ブログ

2020年はこうありたい 竹本竜志

2020年はこうありたい 竹本竜志 



ありたい姿…、改めて考えると何も出てきませんが、あえて一つあげるとしたら『鏡』になることです。

2019年7月に土屋訪問に入職して半年が経ち、熊本エリアのマネージャーに就かせていただくことになりました。スタッフのトップに立つということは、やはり模範『鏡』であるべきだと思います。技術や知識はもちろんのこと、人柄の部分においても模範になる存在である必要があります。人として、マネージャーとしてスタッフからの信頼を得ることができれば、自ずとスタッフはついてきてくれると信じてます。そうすることで、自分の自信も出てきて、事業所としても安定・成長をはかることができると思います。

そしてもう一つ、プライベートにおいても『鏡』になる必要があります。なかなか今までは、親として妻や子供に安心や満足感を与えることができなかった為、多大な迷惑をかけていました。親としての自覚も低く、自己中心的な生活を送ってきたので、これを機に仕事とプライベートの両方で『鏡』になれるよう努力したいと思います。