ニュース&ブログ

2020年はこうありたい 岡田千秋

2020年はこうありたい 岡田千秋 



2018年12月に入社した私にとって、2019年は初心者マークの年でしたが、2020年は若葉マークが消え、いよいよ一人前として見られる年になります。現場で言えば、ひとり立ちです。

長崎・佐賀のスタッフマネージャーとしての今年の抱負は
「組織マネジメントとフォロワーシップ」を発揮する事です。

マネジメント・・・設定した目標に沿って、組織を運営、「人・物・お金・情報」を効率的に運営する事。

マネージャーとして、今、自分のチームは「どういった目標に対して進んでいるのか、それはどうすれば上手くいくのか」を明確にしていく事、スタッフを育成し、適材適所に配置、コミニュケーションをとり1on1や密な連絡で問題を知り、解決していくと、個人だけでなく、全体のパフォーマンスも向上していくのではないかと考えます。

フォロワーシップ・・・上司やチームメンバーに対して、目標達成のための、円滑な運営を考えていく、「目的・方針ー共有ー具体化ー実行ー検証」の実施のために動く事と考えます。現場の生の声や情報を落とし込み、提案、提言につなげ、個々の指示待ちの姿勢でではなく自発的行動に導いていければ、さらにチームの力も強くなります。

いかに縁の下の力持ちになれるかを2020の抱負としたいと思います。

それが、おのずと、売上と言う形となり、

「長崎、佐賀の各県で売上 1000万円超え」と言う目標を実現できるように動きます。

では、それを達成する為には具体的にはどうするのか。
やるべき事を明確にしようと思います。

●質のよいサービスの提供

 私達の仕事は人対人です、プロ意識をもったスタッフを教育、指導していく事で選ばれるサービスを提供します。

●いい現場の維持

 いい現場を維持する為にはスタッフのモチベーションを上げ、悩みを解決する方向へ導く事が重要だと考えます、その為には1on1であったり、食事しながらの会話であったり、また、責任あるポストであったり、働きに見合った報酬であったりだと思います。そのようなサポートを行いながら、スタッフには生きがいにも通じる「楽しく仕事をしてもらう」事を目指します。

●新規現場の確保
営業チームに任せるだけでなく、足で稼ぐ事、家族会や難病協会など、積極的に出向き、より深い繋がりを持っていく事。

●コンプラ

等に取り組んで行き、
すべての人に
【土屋でよかった】と言って頂ける一年を目指します。

2019年、大変お世話になりました。2020年もアラカンおばさんマネージャー頑張ります!!