ニュース&ブログ

土屋人のペット⑫  苺里(まいり)

土屋人のペット⑫  苺里(まいり)

義之博貴




2007 6月3日生まれ

  ロングコートチワワ の 女の子

2007年 新生活スタート

丁度この時期人生の転換期で新しい事を始めるのに相棒の必要性を感じ、彼女と同居生活が始まる。

苺のクッションにとても興味を抱いたことから、苺里(まいり)と名付ける。

当時、一緒に住むのなら、喋る事ができたらもっと楽しいのにと思い、当時15000円もしたバウリンガルボイスなるものを購入するも、想像していたものと違い2か月で使わなくなる。

食事を作り(家事援助)、ボディケア(清拭、入浴)、歯磨き(口腔ケア)、散歩(移動支援)をこなしていた。

今考えると、仕事ではなくとも、介護には向いていたのかもしれません。

2009年 誕生

双子の子供が生まれる (男の子のTOM 女の子の和奏)。

生まれて3か月で喧嘩を始める。

2015年 別居

子供が生まれることもあり、愛犬たちは実家に預け、週一で帰省しケアを行う生活が始まる。

2019年 闘病

10月頃から食事量が減り、歩くのが難しくなってきたので、病院に見てもらうと、結果肝臓が悪いと、診断が下る。投薬、食事療法を行い過ごしてきたが年明け1月9日に亡くなった。

家族が一人いなくなったようで、とてもつらいです。 子供たちも少し寂しいのかな、、そんな感じで今二人は過ごしてます。

いままでありがとう 感謝でいっぱいの12年でした。



※義之博貴プロフィールはこちら