ニュース&ブログ

介護のお仕事から学んだこと  やりがい

介護のお仕事から学んだこと  やりがい

片岡大介



私は介護業界に就職して14年なります。
知人などには「介護の仕事ってきつくない」と聞かれることもよくあります。
一般の人の介護のイメージは仕事のハードさ、ブラックな業界だと誤解されることもある介護業界の仕事。
いわゆる3K「きつい、汚い、給料が安い」
でも実際に働いている仲間たちに聞いてみると「楽しい」「自分には向いている」などと言う声を多々、聞きます。
そこで介護のお仕事から学んだやりがいについて自分の意見を伝えたと思います。

私は介護のお仕事=利用者様の夢を叶える仕事だと思います。

なぜかというと土屋訪問介護事業所で働くようになって利用者様の自立支援に関わるようになり、利用者様からは「家で暮らしたい」「今の生活を維持したい」と希望を聞きます。
そこで私たちはなにができるのか?
私たちは利用者様の自立のサポートをすることが重要です。
まず、相談員さん看護師さん介護事業所などは利用者様や家族様と相談を行い、その願いの実現に向けてプランを立てそのためのサービスを提示して利用者様はサービスを選択して利用することで希望や夢を叶えてもらうのです。
その中で利用者様の一番身近できめ細かく支援するのが私たちヘルパーです。
利用者様の生活が良くなっていく過程を見ることが出来る。
一緒に喜ぶことが出来る。
励ますことが出来る。
そして感謝される。
利用者様の希望や夢を叶えるためにたくさんの人たちが関わり、助け合い、実現する。
実現した時の達成感ややりがいは介護職の醍醐味だと思います。

もちろん人間相手の仕事ですのでいつも上手くいくわけではありません。
でも、かけがいのないこうした瞬間を味わえる仕事は他にはそうそうないはずです。
だからこそ私は14年間、介護のお仕事を続けることが出来たのだと思います。
これからも一人でも多くの利用者様の夢を実現するため仕事に邁進してまいります。


※片岡大介プロフィールはこちら