ニュース&ブログ

共感、同意、同情~介護のプロとして~

共感、同意、同情~介護のプロとして~

古本聡



医療や看護、介護、カウンセリングの心がけで大切なイロハは「傾聴と共感」とよく言われる。この共感に似たようなものに「同情」がある。どうも日本人は「同情」が好きなようで、代議員選挙などに際しても「同情票」というような言葉が存在するくらいである。「共感票」とは決して言わない。尤も、「共感」と「同情」の間には、もう一つ「同意」という段階が挟みこまれるべきなのだが・・・。

これの意味するところは、「共感」と「同情」は明らかに区別されている事ではないだろうか。私は、実は言うと、この点こそが介護という仕事には非常に大切だと思っている。医師や看護師は仕事の中で患者の苦しみへの共感が必要であると同様に、介護者も利用者の気持ちへの共感が必要とされ、それを原動力として課題解決への努力のエネルギーが発生するように思えるのだ。

日常的な介護業務では、いつもそこまで意識している訳ではないだろうが、利用者がかなり困難な状況に陥ってそれに対処する介護者も困難が山積みな場合は、相当エネルギーが必要である。その場合に意識するのが「利用者の苦しみへの共感」ではないだろうか。

それでは、「同情」ではいけないのだろうか。よく似た言葉であることは確かだが、言語学的な問題探求はさておき、「同情」に続く思考や行動にはプロの(職業上の)判断が反映しにくいと思うのだ。先ほどの「同情票」のように、ともすれば正しい判断を逸脱する可能性がある。「同情」には、良い意味でも悪い意味でも深く、そして濃く感情移入してしまうからだろう。さらに、情に脆いことを美徳とする日本人の特性として、「共感」から「同情」へと一足飛びに移行してしまうことが多いことも、一言述べておきたい。

一方で、利用者側から見たらどうだろうか。「本当に利用者の欲求や痛みの分かる介護職は少ない」、との批判を耳にする。実際、それはそうだろうと思う。他人(ひと)の欲求や痛みは、利用者からしてみても中々明確には伝えにくいものであり、介護職側も理解が難しく、理解をしたつもりでも利用者から見れば、完全には分かってくれていないように感じるものである。利用者側から見ると、やはり介護職に自分の思いを分かって欲しいのである。その時に「同情」して欲しいと感じているか、「共感」をして欲しいと思っているか、はたまた「理解」だけしてほしいと思っているかは、かなり個人差がある。

色々な介護関係者の話を聞くにつれて、利用者と介護職とのコミュニケーションはつくづく難しいと思う。うまくいっていると信じていても、結果が悪く出ると、関係は拗れてしまうことが多い。そこに、他の介護関係者や家族、医療関係者の不用意な言葉、余計な一言などが加えられると、利用者・介護職間の人間関係の悪化は加速してしまうだろう。

このような悩みについては、高齢者の訪問介護に従事している私の妻やユースタイルラボラトリーの同僚たちをはじめとして、本当に多くの介護従事者から聞こえてくる。普段、仕事に真摯に、誠意を持って取り組んでいる人ほど、このような悩みを抱え込みがち、という傾向が強いようだ。打算的にとでも言おうか、機械的に業務をこなしている人たちからは、むしろあまり聞こえてこないのだ。「相手の心の声を聞く耳」、「共感する心」をあまり持ち合わせていないからだろう、と推測している。

介護だけではなく、人と関わる仕事を打算的に行うためには「人の心の声を聞く耳」はとても邪魔な物になるし、合理性、効率性、はたまた権威で相手を従順にさせることを追い求める者にとって「共感するこころ」は、もしこれが国家試験の1次試験であれば、即刻落第であろう。他方では、利用者も介護職も同じ人間。介護職側も「共感のような演技」、「同情のような振り」で利用者を胡麻化したいとは決して思ってはいないだろうし、利用者側もまた、そうされたいとは思うまい。

そして、こんなことを繰り返していくうちに双方ともが、言わば「神経戦」を繰り広げるようにまで至ってしまい、特に介護職側は「共感疲労」を起こしてしまう。この「共感疲労」というものは、物理学で言う「金属疲労」とよく似た面を持っている。硬い金属でできた棒でも、同じ個所に何回も何回も応力を加え続けると、一回一回の力がたとえ小さなものであっても、ある時突然その箇所で剪断してしまう。この現象が人の心に起こるのだ。「心が折れる」とはこういうことではなかろうか。特に介護職は利用者の心のケアや労りの大切さを心得ていて、日々相手にとっての「よいケア」を心がけている職業。普通の人よりもずっと共感疲労を溜めやすいことは間違いない事実なのだ。

筆者がここで提案したいのは、一回、この「共感」、「同意」、「同情」という心の行動の定義を見直してはどうか、ということなのだ。そして「プロとしての共感」、「プロとしての同意」にまとめて考えてはどうか、ということだ。

『プロ』と聞くと、何か打算的で冷たくて、割り切っていて誠意がない、という風に捉えられがちだが、断じてそれは違う。筆者は38年間、プロの通訳者・翻訳者として働いてきたが、「高い安いに関わらず、お金を貰えない仕事はやらない」というシンプルな原則以外、打算的といわれるような面はなかった。いや、むしろ、誠意を込める、顧客の意見に傾聴する、そして共感するという意味では、アマチュアおよびボランティア通訳さんたちとは比べ物にならないくらい神経を使っていた。どんなに顧客が我儘であっても、だ。ただし、その神経の使いどころは、一般の人とは大いに違ったのだ。より整理された、より科学的な使い方とでも言おうか・・・。

その「プロとしての共感」、「プロとしての同意」について、できる限り分かりやすいように、例を引いて述べてみようと思う。

例えば、下のような悩み事を相談されたとする。
「相手の話に根拠がないと、どうしても共感することができない。相手の気持ちを受け止めたいのはやまやまだが、相手の話に筋が通らないと共感できない。相手の意見に100%は同意しないけれども、心情だけでも受け止めてあげる良い方法」はないだろうか?」

  私だったらこう説明するだろう。

  実は、「共感する」ことは「同意する」こととイコールではなくて、 相手の意見に完全には同意できなくても、心情を受け止めることは可能なのだ。

  なぜならば、私の頭の中では、
共感すること = 「相手がどう感じているか」が分かったということ、
同意すること = 「私がどう感じているか(賛成か反対か)」を表明すること、
だからだ。
並べてみると一目瞭然。そもそも主語(主体)が違うのだ。

「共感」と「同意」は、まるで別々の事柄・内容をテーマにしていると、理解できるのではないだろうか。

つまり、相手に共感を表したいときに「自分の思い、何を感じるか」を伝える必要はないのだ。「あなたは、~ということがあって○○と感じたんだね」と伝えてあげるだけで十分なのだ。

  ところで、上の質問にあった「根拠」とは、事実に基づく情報のことを意味していると思われる。
実は、共感の言葉の構成要素には「相手の感情」のほかに、「事実」も必要なのだ。
例えば、「そうなんですね~」よりも、「あなたには、それが嬉しかったのですね」がベターだし、さらには、「あなたには、コレコレシカジカ(もっと具体的な事実の内容)が、嬉しかったのですね」という方が、「分かってくれている感」は増していくのではないだろうか。

  共感の目的が、相手の置かれた立場、気持ちに寄り添おうとすることで、相手が「この人だったら分かってくれる、信頼できる」と感じてくれることにあるとするならば、それは次に挙げる3つのステップで成し遂げられる。
1.相手の言葉や態度から、感情を読み取る(聴き取る)。
2.相手の言葉や態度から、なぜその感情を持つようになったかについて事実・経緯を聴きとる。
3.感情と事実を併せて、整合性を検証してみる。

  ここで注意すべきは、「自分にとって納得のいく事実」を聴きとるのではなく、「相手がある感情を持つにいたった事実」を聴きとる、という点である。「自分が納得できる事実」の聴き取りに執着してしまうと、行きつくゴールは「共感」ではなく、「同意か、そうでないか」、つまりは意見の一致か対立かの選択になってしまうのだ。この選択は、できる限りしない、というのが、私の言う「プロとしての共感」、「プロとしての同意」なのだ。その際、「同情」というものは、できる限り排除すべきものだ、と私は考えている。「プロとしての同情」など、有りえないのだから。

今、どんな立ち位置で、また何のためにコミュニケーションを図っているのか、その点を見失わないことが重要だ。


【筆者プロフィール】
古本 聡(こもとさとし)
1957年生まれ 脳性麻痺による身体障害1種1級
旧ソ連で約10年間生活。内5年間を現地の障害児収容施設で過ごす。
18~24歳の間、障害者運動に加わり、障害者自立生活のサポート役としてボランティア、介助者の勧誘・コーディネートを行う。
大学卒業後通訳・翻訳会社を設立、2019年まで運営。
2016年からユースタイルカレッジの重度訪問介護従業者養成研修統合課程での実習/講話を主に担当。
現在はユースタイルラボラトリー社員。
妻、娘の三人家族。