ニュース&ブログ

2020年はこうありたい 「結果を残す」年にしたい

2020年はこうありたい 「結果を残す」年にしたい

玉田翼



早いもので、東京オリンピックが開催される2020年。
前は、まだまだ先だなと思っていたのがもう先に迫っています。
歳を重ねるごとに、一年という時間が早く感じてしまいます。
個人的な事で、2019年は一児の父となり、仕事ではマネージャー業務に就き、新たな責任感とやりがいを持った一年でした。
2020年は、「結果を残す」年にしたいと思います。

私は、仕事を一種のロールプレイングゲームと捉えています。
時には、難関なクエストに立ち向かうこともあるし、自分が主人公で一緒に働いてくれている人が仲間。プレイしていくとレベルを上げないと次のステージに進めないことなど、ゲームやられていた方はわかっていただけるかと思いますが、仕事も同じことで、次のステージに行くにはレベルアップが必要です。
それは、いつも現場で頑張ってくれているスタッフに働きやすく、この仕事をやって良かったと思ってもらえる事業所にもっともっとなりたいと思います。
これは、事業所のレベルアップであり、それができれば個人としてもレベルアップできると思うからです。
その上で、もっともっとケアを必要としている方の支援ができればと思います。
その輪を広げていくことが、目標であり今年の「結果を残す」という一つのテーマであります。
輪を広げるためには、働いてくれるスタッフも増えてくれることが大切です。
他の事業所さんの方とお話しても聞くことですが、まだまだこの業界全体が人手不足だと最近、常々感じております。

SNS広報でのお仕事もさせて頂いておりますが、もっとこのお仕事の魅力なども伝えていきたいと思います。
昨年は、なかなか取り組めなかったので今年はSNSでの活動も活発に行っていき、重度訪問介護、土屋訪問介護をより広く知って頂くように、2020年を飛躍の年になるよう、クエストをクリアしていきます。

話は変わりますが、全国的なことで今シーズンは雪が少なく北海道も稀に見る積雪です。
2月には札幌の大通公園で雪まつりがあります。
北海道各地の名物が並ぶ、屋台なども出店していて、北海道の魅力が満載なので北海道旅行などお考えの方はおススメです。

それでは、本年もよろしくお願い申し上げます。


※玉田翼プロフィールはこちら