ニュース&ブログ

2020年はこうありたい 200%成長はともかく200%の努力をしたい

2020年はこうありたい 200%成長はともかく200%の努力をしたい

五十嵐憲幸



2020年を語る前に2019年はどのような年だったか。

「全ての必要な人に必要なケアを」

このミッションを達成するための一つとして、全国津々浦々でサービスを提供できるようまずは47都道府県における拠点の開発を進めてきたユースタイルラボラトリー株式会社だが北海道東北ブロックにおける土屋訪問介護事業所は2018年末時点において札幌そして仙台と山形の3事業所のみ。2019年はブロック内においてそれら以外の全てのエリアに事業所をつくることが第一だった。


年の初め1月1日に新潟と福島がオープンし南東北においては新潟を含め4事業所を始動することができた。

それからだいぶ時間がたったが10月に岩手・盛岡事業所のオープンに漕ぎつけ北東北開発の口火を切ると、年末ギリギリになってしまったが2020年の年明けオープンに向けた新規指定申請と物件の確保により秋田事業所のスタート並びに青森事業所オープンのめどが立ちなんとか3月中に東北全県に拠点を作ることができた。
また9月に旭川事業所を開設したことにより、同時期にオープンした沖縄事業所と相まって土屋訪問介護事業所は「北は北海道旭川から南は沖縄まで」となったが、なんとなくこれが会社として誇らしくて重度訪問介護従業者養成研修ではいつもこのワードを発している。

しかし、残念ながら特に東北における組織作りが思うようにできなかった一年でもあった。

うまくいっていれば今以上に拠点を増やせただろうし、何より売上と利益を伸ばすことができたはずだ。
この点を特に反省点とし2020年は「組織作り」に重点をおき向こう一年間を過ごしたい。

そして目指す目標は200%成長。

ESLが掲げている「200%成長」に貢献すべくブロックにおいても200%成長としたい。
しっかりと逆算して試算どおりの結果を出し期末を迎えたい。
何よりも新規事業所を早く増やし、手の届かないエリアを無くしたい。

一人でも多くの困っている人の力になりたい。

そのためにもやはり「組織作り」。

スタッフを、利用者さんを、品質を、コミュニケーションを、努力を、笑顔を。
あらゆるものを倍にすれば数字もきっと倍になるだろう。
併行して私個人としても成長のための努力をしていくつもりだ。

200%成長はともかく200%の努力をしたい。

まずは2020年を学びの一年とし、努めてあらゆることを学習し身に着けたい。
忙しさにかまけ優先順位にかこつけてはいるが、実は自堕落な道を選択してしまう自身のその傾向を戒め自己啓発を図りたい。
学習については倍ではきかないので200倍を目指して。

そして人としての質を高める一年にしたい。