ニュース&ブログ

土屋サポーター紹介 Ryo-hey

土屋サポーター紹介 Ryo-hey



1980年生まれ。転勤の多い家庭で日本各所で育つ。
岡山で高校卒業後、東京の音楽学校メーザーハウスに入学。
音楽理論、作曲・編曲、ボイストレーニングを学びながらギターを稲葉政裕氏に師事。

バンド活動を経て、ギタリストとしてのキャリアをスタート。その後自身で歌うソロアーティストとしても活動開始。

​ 暖かい歌声と彩り豊かなギターは海で聞きたくなるようなSoundで、2008年発表の1stアルバム『Birth*』は音楽サイトMySpaceのSurf部門で最高2位を獲得するなど好評を博す。

同時にギタリストとしてDA PUMPやLeyonaを始め様々なアーティストの録音やライブ、セッションに参加。

2011年4月、東日本大震災をきっかけに東京から祖父の生まれ故郷の広島県福山市に移住。
瀬戸内の穏やかな暮らしのなかで2枚のアコースティックアルバムを発表。作風も地球的な優しさを纏っていく。

​ ソロ活動の他に、ブルースハープ&ウクレレのHIROKINGとのアコースティックデュオ、ORGADDIM(オルガディム)、瀬戸内で出会った仲間たちとのストリートバンドB.B.B(Bounce Back Boys)でも音源を制作、活動中。

​ 鞆の浦は小室浜にある『Kitchen Natty』をホームにスタッフとしてもお店にも立ちながら『気持ち良い自然、最高な音楽、幸せな食』を大切にした、日々の暮らしを提案し続けている。

​ ▪️2011年、第24回東京国際映画祭出展作品
 『今、つたえたいこと』に『ぼくらのうた』を提供。

▪️2019年4月より穴吹情報デザイン専門学校にて非常勤の DTM講師として音楽制作も教える。

▪️2019年8月よりヤマハ系列ワタナベミュージックラボ三原フジグランでもギター・ボーカル講師として教える。

▪️2020年春公開予定の大林宣彦監督作品、『海辺の映画館〜キネマの玉手箱〜』に歌唱指導で参加。