ニュース&ブログ

介護のお仕事で困ったこと 『土屋さんはやってくれるのに、あの事業所はしてくれない』

介護のお仕事で困ったこと 『土屋さんはやってくれるのに、あの事業所はしてくれない』

杉隆司



私は前職が営業職だった為、基本的な考え方は【お客様満足度】の向上でした。
この考え方が根強くありましたので、いざ在宅介護ケアに入った時には早くご利用者やご家族様との距離を詰めようとしたり、出来る事は何でも行って認めてもらいたいと突っ走しりました。その結果、他事業所やまた他のスタッフと足並みを揃える感覚を持たずにケアを続け、『土屋さんはやってくれるのに、あの事業所はしてくれない』、土屋のヘルパーにも『杉はやってくれるのに、君はしてくれない。』との声が出て参りました。

私は自分が出来る事を行って何が悪いんだ?と考えていたのですが、段々と利用者様からの要請も要求度合いが高くなって応える事も困ってきた状況になり、引継ぎのヘルパーを派遣しても継続出来ず、他事業者さんに依頼しても応えて頂けず、結局はご家族様が間に入って頂き話し合って頂いた事で以前の支援内容に戻りました。
この様な事態になって初めて、私は「在宅介護」は担当する時間毎に単独で行うものではなく、相談員や訪看さん、また多くのヘルパーさん達と1つになりチーム体制で行うものという事を実感しました。

当時の私は初任者研修を受けたばかりの介護初任者でしたので、利用者さんの尊厳を大切にし寄り添う事が大事である、という研修時に習った事を自分なりに体現する事と同時に、早く独り立ちし認められたいという感情が強すぎて周囲が見えておらず助言も耳に入らなかったのだと思います。

これ以降も様々な利用者さんのお宅に入らせて頂く機会があり、何度か???と思い悩む支援内容に直面する事がありました。現在は立場上明確に出来る出来ないとご説明させて頂きますが、やはり現場主体の時はご利用者さんが希望されるならと思ってしまう事もありました。最終的には上席者や相談員さんに伺って対応を決めましたが、その時に皆さん一様に仰ったのが「在宅支援は決められたルールに則って行う事が、長く利用者さんがご自身のお宅で生活する為に必要ですよ」という言葉でした。

私も今は子供2人を持つ親の身ですので、一緒にいれば楽しく過ごさせたい、買い物に行けば欲しがるものは買ってあげたい、と甘やかしてしまいそうになりがちですが、やはりどこかで歯止めをかけておかない教育上良くはありません。これを例えに用いるのは利用者さんには失礼に当たるかと思いますが、何でも個人の判断で良い良いで過ごしてしまえば結果様々な箇所で良くない影響も出ますし、度が過ぎれば事故に繋がる可能性もあります。

このお仕事は訪問介護サービス業であり、サービスと名称が付く以上は利用者さんの満足度を高めていく事自体はとても大事なことではあります。事務的なケアを行うのではなく常にサービス業としての心構えは忘れずに持って努めたいと思います。ただ白でも黒でもない事で多々判断が迫られる世界でもありますので、その時は原点に立ち返って決断していきましょう!