ニュース&ブログ

新型コロナウイルスと私達  自身が置かれた立場で今の現状に対して得た情報を活用しどう行動に移すか

新型コロナウイルスと私達  自身が置かれた立場で今の現状に対して得た情報を活用しどう行動に移すか

 大庭竜也



新型コロナウイルス大流行している。
日々、感染者が増える一方である。
それに伴い、医療崩壊という大問題が起きつつある。行政も〔緊急事態宣言〕を発表するが感染者が収まる気配が今のところない。

医療崩壊になると、助かる命を助けることが出来ないなど深刻な問題が発生するだろう。
しかし、このような大問題が起きようとしているが、まだまだ国民の意識レベルは様々で他人事ように取られている方も沢山いるだろう。

そのような現状/状況の中で私たち介護従事者が出来ることをなんだろう?と考えてみました。
日々、状況が変わる中で今何が出来るのか?
何が出来ないのか?そして、大切な事は何なのか?
こうゆう状況だからこそ、住み分けをきっちりする必要があると思う。

毎日のようにニュースでコロナウイルスについての特集があり、携帯を開けばSNSの普及により情報がダイレクトで入手出来る世の中である。
情報が多く入る事はメリットではあるが、見方を変えれば、情報が多すぎてメディアに踊らされるというデメリットもある。
自身で、この情報は大切だ。この情報はいらない。と住み分けをする事が大切だと思います。

そして、、
まず、【私たちがしなければならない事は、自身が置かれた立場で今の現状に対して得た情報を活用しどう行動に移すか】ここだと考えます。
現状あるツールを最大限に活用し、コロナウイルスの感染者をこれ以上増やさない事を心がける事です。
リモートワークもこの行動のひとつです。
LINE電話MTG/ZOOMの活用など。
ここに来て、大活躍していると思います。

また、このような行動をする事で自身の身を守る事だけではなく、第三者も守ることが出来る。ここが一番のメリットだと考えます。

自分は大丈夫。という考えではコロナウイルスの感染は絶対に防げません。
出来るだけ、人と合わない事。今自分が出来る事を最大限に行う事がコロナウイルス感染問題の解決の鍵ではないかと思っています。

また、私たちは在宅にて支援を行うため自宅に菌を持ち込む可能性が高いと思います。
日頃の生活からより一層気をつける必要性があります。不要不急の外出は避ける事。
ここの心がけが大きなメリットを生むと思います。
1人でも多くの方が不要不急を試み行動することで、感染者は劇的に減ると思います。
そして、一人一人が情報を有効活用し意識をして行動をする事が大切だと思います。