ニュース&ブログ

メンズ土屋52 焼うどん

メンズ土屋52 焼うどん

佐藤健輔


さて、ちょっと真面目な内容のコラムも書いたので(前回執筆の『新生活我が家の場合』)今回は軽めに行こうかと思います。

 最近自宅での自炊が増えてきた家庭が多いのではないでしょうか?
 そんな例に漏れず子供4人を抱える佐藤家ではとんでもないことが起きています。

 『食費』

 日々節約を心掛けている我が家でも、こればっかりは今回の新型コロナウイルスで自宅にとどまざるを得ない状況では増加の一途をたどっております。
 というわけで、せっかくなので我が家で作る夕食メニューや節約メニューを大解放しちゃおうかと思い立ったんですよ。

 簡単かつボリューミーな我が家定番メニューをぜひぜひご賞味くださいませ。
 第一弾は『焼うどん』

 まあ、定番ですよね。
 お腹にもたまるしお酒のあてにもなるし野菜もいっぱいだし。

 しかし、実はご家庭で作るという方は少なかったりするんじゃないでしょうか?
 今はスーパーに行けばちょっと手を加えた程度で作れてしまうパックがよく目につきます。
 それでももちろんおいしいのですが、せっかくなので我が家みたいに大量の(一気に6人前)焼うどんを作るときに活用しいているレシピを公開させていただきます。

 ※作りやすいように三人前で記しますので人数に合わせて増減してくださいませ。

 ――材料――

 茹でうどん(3パック入りの良く売られているもの、スーパーで百円程度):三玉
 お手軽カット野菜(二~三人前で一袋、百円前後):一袋
 豚肉(バラだといいですね):150g
 鰹節:適量
 紅ショウガ:お好みで
 青のり:好きな人は好きなように
 チーズ:お好み焼きじゃないんだから……

 ――調味料――

 醤油:大匙3
 料理酒:大匙3
 顆粒状のかつおだし:1パック(6グラムくらい?)
 ↑カップにあらかじめ合わせて混ぜておく

 塩コショウ:適量
 お水(面ほぐし用):60g
 みりん:大匙1(ちょっと甘みが欲しい人だけ足してください)

 ――作り方――

   1:カット野菜と豚バラ(一口大に切る)を用意して、大匙1杯のサラダ油を引いたフライパン(28cm)に中火で炒める。

 2:野菜に火が通り始めたら塩コショウを振って下味を整える。(あんまり多く振ると味が濃い目になりがちになる)

   3:茹でうどんのパックを3玉炒めた肉野菜の上に乗せて、お水を回しかける。

 4:フライパンにふたをして1分待つ。

 5:ふたを開けてうどんを菜箸でほぐす。ほぐれたら合わせておいた調味料をかけ入れて混ぜる。

 6:麺に満遍なく色が付き始めたら調味料を煮詰めつつ、水分を飛ばすように混ぜる。

 7:水分が飛んで来たら弱火に変えて味見(味が薄い場合は塩コショウと醤油で軽く調整)

 8:火を止めてお皿に盛り付け、鰹節などなどを振りかける。

 9:お好みで紅ショウガやチーズなどをトッピング。で完成!!

 結構簡単にできるかと思います。(思い込み)
 参考までに完成写真を掲載させていただいております! 偶に鰹節の代わりに静岡名物桜エビを振りかけたりもしますよ~。

 ちなみに材料費は一人前あたり130円くらい!!
 しかも子供達にも大人気な一品です!

 我が家では週一で食卓に並ぶこのメニュー。
 6人分だから……一食家族で1000円未満ですよ。
 いや、これでも我が家の食費6桁行ったんですけどね!?

 次回は何を作りましょうかね? 洋食もいいなぁ。

佐藤健輔のプロフィールはこちら