コラム

たまたまです、あるいは脱PDCA

たまたまです、あるいは脱PDCA 高浜敏之 次のような質問をいただくことがままある。「なんで障害者福祉の世界に入ったんですか?なんで...
コラム

「稀有な共生家族を生きてきた節目に 〜“苦の中の未来”によせて〜」

「稀有な共生家族を生きてきた節目に 〜“苦の中の未来”によせて〜」 石丸偉丈 私は今、46歳だが、23歳になった娘がいる。...
コラム

そもそも介護・介助の目的とはー障害当事者の目線から

そもそも介護・介助の目的とはー障害当事者の目線から 古本聡 この記事を書いている筆者自身は、現在、妻と娘の三人家族で生活していて、...
コラム

「訪問介護」はゼロからプラスにするもの

「訪問介護」はゼロからプラスにするもの 吉田政弘  私は現在土屋訪問介護事業所で重度訪問介護(障害福祉サービス)、訪問介護(介...
コラム

まだ誰も名前のつけられない私を求めて

まだ誰も名前のつけられない私を求めて 間傳介 昭和70年代新宿の暗がりで、真っ黒な床まで届く、まるであたりの暗がりと溶け合うような...
コラム

にもかかわらず/というわけで、私たちは生産性を追求します

にもかかわらず/というわけで、私たちは生産性を追求します 高浜敏之 先日弊社テクノロジー部門のシステムエンジニアさんが、苦笑交じりで...
コラム

重度訪問介護で平和を作る

重度訪問介護で平和を作る 安積遊歩 障害を持つ人の介助のシステムの中に重度訪問介護がある。このシステムがユニークなのは、見守り...
ニュース

土屋訪問介護事業所主催 連続学習会のお知らせ

土屋訪問介護事業所主催 連続学習会のお知らせ 吉岡理恵 土屋訪問介護事業所は、重度訪問介護をメインとしつつ、ケアを必要とする...
コラム

介護業界、ユースタイルラボラトリー株式会社(ESL)との出会い

介護業界、ユースタイルラボラトリー株式会社(ESL)との出会い 吉田政弘  私は現在、介護業界で仕事が出来ていることをとても幸...
コラム

当事者と支援者の関係

当事者と支援者の関係 間傳介 私が福祉の仕事をしたきっかけは、電車で同じ職場に毎日通うのが嫌になり、求人誌を眺めていたら、徒歩20...
コラム

土屋訪問のはじまり

土屋訪問のはじまり 高浜敏之 土屋訪問介護事業所は2014年6月に東京都中野区で重度訪問介護のサービス提供を開始した。 障害者...
コラム

「障害=大変、辛い」という早合点

「障害=大変、辛い」という早合点 古本聡 アテトーゼ型脳性麻痺を持って生まれてきて、私は今年で60を迎えます。生まれて間もなく母に、「こ...
コラム

はんぶんこ

はんぶんこ 高浜敏之 私には1歳9か月と3か月の二人の娘がいる。二人の急速な成長は目を瞠るばかりであり、まもなく2歳になろうとしている長...
コラム

ソーシャルビジネスの可能性

ソーシャルビジネスの可能性 高浜敏之 私たちは社会貢献型事業、ソーシャルビジネスを通じて介護難民問題を解決しようと努めている。 ビ...
ニュース

【NHK ハートネットTV】安積遊歩さん、安積宇宙さん親子出演のお知らせ

【NHK ハートネットTV】安積遊歩さん、安積宇宙さん親子出演のお知らせ 7月23日(火)の20時から、NHKの「ハートネットTV」に、安積遊...
コラム

自己肯定感について

自己肯定感について 〜涙をめぐる考察 安積遊歩 あなたは泣いている赤ちゃんの涙を、どれくらい聞き続けることができるだろうか。 私は赤ん坊の...