安積宇宙

コラム

私の駄々っ子はどこいった?

人はいつから駄々をこねなくなるのでしょうか。 わたしは、遠くに住んでいる母と電話をすると、八つ当たりをしたくなることがあります。 それは、彼女個人に対しての思いではなく、日々のいろいろな思いが、彼女に安心しているから、出てくるのだと思います。特に大したことでもないことでも...
コラム

介助の現場に立たれているみなさま、裏方として支えているみなさま、そして厳しい状況の中生き続けている障害を持っているみなさまへ

毎日、介助の現場に立たれているみなさま、裏方として支えているみなさま、そして厳しい状況の中生き続けている障害を持っているみなさま、お疲れ様です。 COVID-19(コロナウイルス) ...
コラム

母の本『癒しのセクシートリップ』を読んで。~私はこの本がなかったらこの世に生まれてきていなかったのかもしれない~

知人に母、安積遊歩の本をお貸ししたら、とても感動したと言ってお礼に素敵なピアスをくれた。貸したはいいものの、実は私は生まれてこの方遊歩の本を読んだことがなかった。物心ついた頃から ...
コラム

『海を越えて』~「言葉」に頼って話すこと~

みなさん、こんにちは。 安積宇宙です。 わたしは今、ニュージーランドのダニーデンという南島の下の方にある街で 生活をしています。ダニーデンは、人口約十三万人ほど。ニュージーランドの中では、五番目に大きな都市といわれています。 この街の特徴といえば ...
コラム

『海の向こうから』~「真実」を曲げないこと~

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。 新年はみなさまにとってどんな年となっているでしょうか。 私は、先月に大学を卒業し、卒業式のために訪れていた母(以下、遊歩)とその後一ヶ月ほど一緒に過ごしていました。先週彼女は日本に帰り...
コラム

『海の向こうから』~大学を卒業するということ~

こんにちは。安積宇宙です。 あっという間に年末になってしまいました。 みなさん、年末はいかがお過ごしですか? ニュージーランドは日本と比べて季節が反対なので、今は夏です。 ですが、私は南極にも近い(といっても船で三日間くらい)南の方に住んでいるので...
コラム

『海を越えて』~卒業旅行~

一ヶ月間の卒業旅行に出かけていました。 卒業旅行といっても、結婚式や誕生日会、ワークショップや会議などいろんな予定がニュージーランド各地であって、その合間に懐かしい人を訪ねに行ったりするというものでした。 始めは、友人二人と...
コラム

『夢とチャレンジ』~合理的配慮 後編~

先日、ニュージーランドのワイタンギ条約という国の基礎になっている条約が結ばれた土地に訪れた時のこと。ツアーに参加したら、入場したのが私たちが最後で、歩きながらガイドさんに着いていく列の一番後ろになってしまった。例によって車イスだと時間が歩く人より多くかかるので...
コラム

『夢とチャレンジ』~合理的配慮 前編~

母・遊歩(以下、遊歩)と出かけると、エレベーターなどに並ぶ時は大抵、「前に行きます、通してくださいー」と、先に通してもらうことがよくある。 10代になる前くらいから、だんだんそれを恥ずかしく感じるようになった。先に並んでる人たちにどいてもらって、 ...
コラム

『夢とチャレンジ』

はじめまして。 安積宇宙と申します。 両親(石丸偉丈氏と安積遊歩氏)を追いかける形で、 私も今週から連載を始めることになりました。 家族そろって同じ場所でコラムを書くなんて なかなかない経験なので、楽しんでいただけたらと思います。 自己紹介をしなくても、私の両親二人とも...