安積遊歩

コラム

ヤングケアラーとFGMのつながり~後編~

前編はこちら しかしヤングケアラーだった妹はどうであったのか。最近、彼女が中学校の頃に思っていた気持ちを聞かせてくれた。私に対しては微塵も意地悪をしたり反抗的な態度を取らなかった彼女であるが、さすがにその頃には周り大人たち、親や親戚...
コラム

ヤングケアラーとFGMのつながり~前編~

安積遊歩 最近ヤングケアラーのことがよく取り上げられるようになった。私には兄と妹がいるが、妹があまりにも素晴らしいヤングケアラーだったので、今回はそのことから様々な世界を見ていこうと思う。それを見ることは、女性差別にもきちんと向き合うことになると思うから。 ところで、私は...
コラム

重度訪問介護で平和を作るpart10 〜生と死をめぐる、2冊の本〜

我ながら驚くのだが、『こんな夜更けにバナナかよ』(これ以後この本について書く時は、バナナと略させてもらう)を全編、しっかりと初めて読んだ。鹿野さんとは会ったことがあるし、著者の渡辺さんも私の家を訪ねてくれたことがある。その上、何故か...
コラム

コロナウイルスが伝えるもの~後編~

記憶の初めは、脳性麻痺者の人たちの「青い芝の会」の『母よ殺すな』という叫びがテレビを通じて、川崎駅前から全国に流されたところからだった。その後、障害種別を越えて、自立生活運動が展開されていった。現在では人工呼吸器を着けた、重い障害を持つ人の自立生活者の比率は ...
コラム

コロナウイルスが伝えるもの~前編~

戦後の世界は凄まじいグローバリゼーションの下、人類始まって以来の自然環境破壊を行ってきた。それは都市的暮らしの中で極めて顕著で、私たちは自分たちが何を着、何を使い、何を食べているのかまったく見えない生活をしている。 幼い頃、私はご飯を食べる度に ...
コラム

女性の身体3~中絶の自由と出生前診断~

母が生きた時代は障害のない女性の身体には、中絶の自由があるだけだったから、経済的な事情等、その妊娠を続けるか否かを選べた。勿論経済的な事情等と一口で言ったが、中絶は自分の身体に大いなる精神的身体的負担にもなるから、喜んで選択する人がいるとは思えな...
コラム

生命に対する畏敬の念〜コロナ禍から考える〜

スウェーデンのコロナ対策は、ロックダウンもせず、経済活動も止めずに、人々の意志の力で乗り越えようという、それこそ強い意志を感じる。 感染者がどんどん減っているニュージーランドや台湾、そしてドイツやノルウェー、フィンランドなど女性首相のいる国とは...
コラム

映画「トガニ~幼き瞳の告発~トガニ~幼き瞳の告発~」から考えたこと〜コロナウイルスと食べ物からの叫び〜

コロナウイルスと食べ物からの叫び〜 安積遊歩 ずっと観てみたいと思っていた映画、『トガニ~幼き瞳の告発~トガニ~幼き瞳の告発~』を観た。 これは、2000年〜2005年に韓国の聴覚障害児の学校で起こった、性虐待事件を基にしたもの。2009年に...
コラム

平和学会への提言

私は障害をもつ当事者として、平和学会のメンバーとして、昨今の情勢を見て皆さんに共有、分かち合っていただきたく、以下の提言をまとめました。 コロナウイルスの拡大は、世界の一部では「wake up call」とも言われています。 優生思想と経済至上主義によって...
コラム

孤独と自由~自宅待機を続ける中で~

新型コロナウイルスでなるべく自宅待機を続けている。私はシェアメイトたちがいるので、孤独ではない。そのうえ、介助者もほとんど毎日外からやってくるから、孤独とはほど遠い状況だ。 さらに、ラインやメッセンジャー等で、娘や世界中の人々と話すこともできる。それなのに...
コラム

コロナウイルスと優生思想~コロナウイルスが問いかけるもの~

2011年、地震と津波による原発事故が起きた時、これは人間の果てしない欲望と科学の暴走が招いた“人災”だと確信した。特に日本の長期間の自民党による原発政策。これは地震大国である日本を完全に犠牲にすると、ずっと考えていた...
コラム

新型肺炎、コロナウィルスについて

ニュージーランドにいる娘が日々、その地の状況を教えてくれる。感染者が200人を超えた時点で、死者が全くいない状態で、女性首相がロックダウンを決断。その決断について、ライブ会見を行った動画も送ってくれた。画像を見ながら、涙が流れた。 「一人一人の生きること、暮らし...
コラム

やまゆり園事件の死刑判決に思う

「3月16日に植松被告への判決が出るので取材したいのだが」という電話があったのが、3月初めのことだった。私は中学生の頃から死刑制度について大反対だったので、ここでそのことについて発言できる機会と感じ、すぐにそれを了承した。 ただ、テレビに私の想いが100% ...
コラム

女性の身体2~セクシュアリティとジェンダー~FGMからの考察2

FGMはアメリカを中心として、ヨーロッパやアメリカ、マレーシアの一部で行われている、処女の女性性器を切除するというとんでもない悪習である。FGM廃絶を支援する女たちの会のHPを見てほしい。 前回のコラムで日本人の女性は ...
コラム

女性の身体~セクシュアリティとジェンダー~FGMからの考察1

女性の身体は極めて二面性がある。1つは、セクシュアリティ。そしてもう1つはジェンダーだ。セクシュアリティは、身体の仕組みや機能を言うが、ジェンダーは社会的な性と訳され、その時代、生まれた場所、文化 ...
コラム

動かない体への想像力2〜生まれた時からの障がいと、中途の障がいについて思うこと〜

もし、自分の体が全く動かなくなる事があると子供の頃から知っていたら、私たちはどういう世界を作れるのだろう。中途障害を持つ人の悲しみと嘆きを聞くたびに、私はその事を考える ...