間傳介

コラム

迷惑な草は何故あるか

夏の気配がいよいよ無視できなくなって参りましたが、エアコンのお掃除はお済みでしょうか。 しばらく使ってない場合は1時間送風にするとクリーニング効果があるそうです。お試しください。 さて、私の家の庭は、妻の祖父がサツキやらなにやら植えて、祖父の存命中は、まあそれは見事であったそうですが...
コラム

言葉にある空洞

今日、私たちの口に登る、また指先で綴る言葉は、スーパーに並ぶ切り身の魚のようなものではないかと思うことがあります。 「ふわとろチーズオムレツの10品目健康サポート弁当」と書いてあったりしますね。 「全力で努力する」というと、我が身振り返らず手ぬかりない姿勢にすがりつくつもりに...
コラム

どうせ外出自粛なら楽しみたい!

どうせ外出自粛なら楽しみたい!Netflixハズレなし3作品! 間傳介 緊急事態宣言が出てからというもの、契約者激増のNetflixから、私のお勧め作品を紹介します。 今回はモニョニョ言わずにいきなり本題に行くスタイル! ・『ハイパードライブ』 簡単に言うと、ゴリゴリに改造しまくった市販車でやるSASUKE...
コラム

大いなる雑談者・伊集院光のラジオを聴こう

人間暇が染みついてじっと為るのが癖になりますと、大概血の廻りが滞りますので自然と鬱々として参ります。 そうすると自分の脳の中にある記憶のうち、一時的な鬱と同調する引き出しを開けやすくなるものでして、「ああ、〇〇という嫌なことがあったな...
コラム

映画『ハングマンズ・ノット』を君は観たか

映画『ハングマンズ・ノット』を君は観たか〜私たちは言葉を介し他者とのコミュニケーションを取っています。しかし純粋に言語(少なくとも母国語の、音声、文字、文章の多少なりの理解)だけで理解し合えるかという問いを立てたとき、それは非常におぼつかないものであるのは、 ...
コラム

「人それぞれ」って本当にそうですか?

私たちが集団で何かをしようとする時、往々にして「話し合い」ということをやりますが、ある思想家は「日本には話を終わらせるテクニックが数多くある」と言っていました。 話すとき、交渉、懐柔、説得などの目的がある場合もありますが ...
コラム

人間がひとり、今母親の体を出たのを見た

先日第二子のお産に運良く立ち会いました。 夜がまだ明けきらないうちに、「陣痛だ。10分切りそうな間隔」と、家内の声を聞き、予めまとめてあった荷物と持って助産院へ。 窓から薄曇りの明かり入る中、10時前にちゅるんと、第二子は家内から出てきました。 お産の最中 ...
コラム

勉強の弊害〜感覚を殺すな〜

私たちは、オギャーと生まれてこの方、「勉強せい」と急き立てられることが多々あります。 私たちは、親に始まり保育園から職場、テレビや社会を含めた他者に「こうしたほうがよい」とこちらが納得するかどうかは置いといて、変容を求められます。 一方で...
コラム

データだけでは本質が見えない

人間は自分が第一です。 私はそれ自体悪いとも思っていません。 もちろんいいとも思っていません。 「そういうもの」だからです。 ただ、他人に寛容になれないときの自分や、寛容になれない他人を見たとき、「不快」になります。 人間の脳は...
コラム

言葉は窮屈「正しい」ってなに

言葉は窮屈。「正しい」ってなに こうやって言葉で書いておって、なんですが。 言葉って窮屈なもんです。 何故か。 ここに2人のAさんとBさんがいるとして、例えば「暖かい服を持ってきて」とそれぞれにお願いした時に、2人が持ってくる服はおそらく別のものです...
コラム

私は即興音楽で人生が豊かになりました

即興音楽といったところで、殆ど社会的には認知が低いことを大学時代からもう15年ほど続けている私は、こう断言します。 「即興音楽をやると人格が豊かになります!!」と。 即興と言えば「アドリブ」でしょうか。お芝居の世界だと“台本にない付け加え”なんて意味だったりします...
コラム

感情論は悪か

「それは感情論だ!」「あの人は感情的になるから議論に向かない」など、皆さんも日頃家庭で職場でまたはネット上で、よく目にし聞くことかと思います。 例えば大声で「こうだからこう!他に選択肢はないの!」と言うように怒鳴る人がいた場合、話し合いが一気に冷め、「はいじゃもうそれでいいです...
コラム

私はマーシーを嫌いになれない

先日、薬物依存と戦う田代まさしさんが、覚醒剤を使ったということで逮捕された。 このサイトでもよく取り上げられるNHKの『バリバラ』などのテレビ番組を始め、多くの機会で覚醒剤の恐怖を世に訴えていた。そんな最中での逮捕ではある。 しかしその逮捕と覚醒剤の使用によって...