高浜敏之

コラム

緊急事態宣言をうけて~ユースタイルと土屋の今後~

4月7日の夕方、安倍首相が新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐための改正特別措置法に基づく緊急事態宣言を発令されることが決まりました。 この事態を受け、今後私たち土屋訪問介護事業所ならびにユースタイルカレッジとしては、次のような施策を講じることにしました ...
ブックレビュー

ブックレビュー 私は海をだきしめていたい 坂口 安吾 (著)

青春時代に愛読した短編小説である。 久方ぶりに、波音が通奏低温のように響くビーチカフェで、読み直してみた。 前回読んでから10数年の時を経たように思う。 何回目だろうか。10回はくだらないと思う。 まず読み始めて思ったことは、自分自身の変化である ...
コラム

ケアという営みから学んだこと

最近2歳半になる長女がケアの営みに忙しくしている。いわゆる、ままごと、というものだろうか。バイキンマンの歯を磨いたり、アンパンマンの体を洗ったり、自分が寝るときは必ずくま さん人形を隣に寝かせ、寒くないように丁寧に毛布をかけてあげている ...
土屋人紹介

土屋人日記26  不肖の息子の親孝行

年末は山梨に住む弟の家族と東京で一人暮らしをする母が、広島まできてくれて年の瀬を共に過ごすことができた。 予定よりも飛行機が遅れて岡山空港到着が13過ぎとなった。 そこから宿泊予定の鞆の浦のゲストハウスまで車で向かった。 しかし予定通りにはコトが進まない。 ...
ブックレビュー

ブックレビュー 超高齢社会の介護はおもしろい!

福山市鞆の浦にあるさくらホームという事業者の代表を務められる羽田 冨美江さんの著書です。この本を読むきっかけは、いくつかありますが、まず私を含む家族一同がみな鞆の浦という町が大好きで、たびたびこの町を訪れ休日を過ごすことがあり、鞆の浦は宮崎駿さんの作品である...
コラム

2020年の希望

まずはじめに。 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者ら45人殺傷した事件で、殺人罪などに問われた元職員・植松聖被告(29)の裁判員裁判の初公判が1月8日、横浜地裁で行われました。 この史上稀にみる惨劇において尊い命を失われた19名の方々の冥福を祈るとともに...
コラム

ブックレビュー 『何も共有していない者たちの共同体』アルフォンソ・リンギス

私たちが他者と出会ったときの驚きや戸惑いの根拠はどこにあるのだろうか?他人と他者は異なる。慣れ親しんだ人と、共通の価値観や言葉を持ち合わせる人と、空気を分かち合う人といるときの安心感、そのとき私たちはその他人に他者はみていない...
生と死について

生と死について33  季節のように

生と死について33  季節のように 高浜敏之 グループホームで働いていた時に出会った、ある女性のご利用者様のことを思い出す。...
ブックレビュー

ブックレビュー 泥の河 宮本輝著

本作品は最も好きな小説のひとつであり、三島由紀夫の「憂国」、中上健二の「千年の愉楽」、坂口安吾の「私は海を抱きしめていたい」、と並んで、若かりしころ何回も何回も読みました。 愛読するすべての作品に共通するのは、死の予感に溢れてる、というところでしょうか...
コラム

呼び声について

なぜ私自身がこの障害福祉の世界にいるのか、留まったのか、一度は離れたものの再び回帰したのか、ふと考える。 功利主義的な選択でなかったことは確かだろう。この業界に入ってからはじめの10年くらいは時給で働いていた。すなわち非正規労働者である。もちろん収入は不安定でアップサイドも低かった。経済原則...
おすすめスポット

おすすめスポット 広島県福山市 神勝寺 禅と庭のミュージアム

週末に家族で紅葉をみにいってきました。 かなりのスケールで見所も満載、しっかりとひとつひとつのスポットを堪能したら丸一日楽しめるかもしれません。 境内にはアートパビリオン「洸庭」があり、現代アーティストで彫刻家の名和晃平さんの作品...
コラム

私の子育て日記4 芋を掘る

私の子育て日記4 芋を掘る 高浜敏之 今週末の休日は娘がおじいちゃんの芋ほりのお手伝いをするのに同伴した。 おじいちゃんが鍬で...
コラム

メンズ土屋④ つじ田 味噌の章

東京に出張した際、帰りにお腹が空きすぎて東京駅構内のラーメンストリートの一角にあるこちらのラーメン屋さんで食事をしました。 夕方の18時で店内は満席であり、フロアーはベトナムかミャンマーかタイ出身らしき人が回してました...
コラム

災害と向き合って~台風19号と私たち 序論

2019年10月12日に台風19号が日本に上陸し、東海地方、関東甲信越地方、東北地方が甚大な被害を受けた。 土屋訪問介護事業所としては、全国各地のマネージャーが中心となり、ご利用者様やスタッフが被害にあわないよう周到な事前対策を講じた...
ダイアローグ

座談会 『平和』な社会を作る重度訪問介護

日時:令和1年9月4日㈬ 対談者:安積遊歩さん、高浜敏之 司会:吉田政弘 【重度訪問介護創設の背景とサービス化している現状】 (吉田)安積さんは重度訪問介護制度の創設においても先頭を切って活動されており、今でも精力的に活動されていますが、その原動力は育った環境によるものなのか...
コラム

私の子育て日記3 向き合う

向き合う 高浜敏之 休日に娘たちと共に過ごしているとき、ピロン、とスマホが鳴る。たいていは職場の仲間からのラインだったりする。 スマホを手に取る。 娘たちに向けていた注意がスマホに移動する。メッセージを読み、時に返信し、時にそのまま読み流す。 また娘たちに注意を戻す。 正直、ピロン...