高山力也

メンズ土屋

メンズ土屋51 簡単油そば

今回も手軽に作れる麺類をご紹介したいと思います。今回のメニューは最近マイブームの油そばです。 タレのレシピは、しょうゆ(大さじ2)、ごま油(大さじ2)、オイスターソース(大さじ1)、鶏がらスープの素(小さじ1/2)、砂糖(小さじ1)です。 これらをあらかじめ混ぜ合わせて...
コラム

土屋人日記 新型コロナウィルス騒動に思うこと

皆さん、こんにちは。甲府の高山です。 このところ話題の中心は常に新型コロナウイルスですよね。つい先日もWHOによる「パンデミック宣言」を受け、政府でも「特別措置法」が成立、米国でも「非常事態宣言」が出されました。 まさに世界的大騒動といった感じなのですが...
コラム

現在だからこそ薬害AIDS事件を振り返る

現在だからこそ薬害AIDS事件を振り返る 高山力也 今からちょうど四十年前の1989年、社会を揺るがす非常にショッキングな訴訟事件が起こりま...
コラム

メンズ土屋㉗ 東京タンメン トナリ@丸の内

メンズ土屋㉗ 東京タンメン トナリ@丸の内 高山力也 一時期、チョーはまったラーメンですね。そのときは毎週一回以上は必ず通っていましたっけ。...
コラム

ブックレビュー 『母よ!殺すな』』横塚晃一/生活書院

この本は、私が当社ユースタイルラボラトリー株式会社に入社するにあたって受講した統合課程の初日の講義の際、講師を務めていた現COOである高浜から紹介されて取り寄せてみたものです。 初版は'75年すずさわ書店から刊行され...
メンズ土屋

メンズ土屋⑳ <Homemade>アンチョビのペペロンチーノ

ある日突然モーレツにニンニク料理が食べたくなって、ニンニク料理のド定番ペペロンチーノをアンチョビで作ってみました。 炒め油としてアンチョビの漬け油を利用しましたので、味付けはほとんど不要です。ちなみに使用したパスタはDECECCOのno.10...
コラム

祝!ボジョレー解禁♪

皆さん、今日は。甲府の高山です。11月21日、ついに'19年のボジョレー・ヌーヴォーが解禁しましたね。 一時期ほどの熱狂がなくなったのは否めませんが※1、やはり酒飲みの一人としてこの時期には心躍らされるものがあります。 ボジョレー・ヌーヴォー...
なぜ介護

なぜ介護15 「日本一スタッフが辞めたがらない介護事業所」の実現

皆さん、今日は。甲府の高山です。 略歴にもありますが、私は以前クリニックの立ち上げ支援のコンサルをやっておりました。経営コンサルなので何か収益に繋がるものをプレゼンしなければなりません...
ブックレビュー

『医療の裏側でいま何がおきているのか』/大阪大学医学部医療経済経営研究チーム編/ヴィレッジブックス新書

皆さんの中で、生まれてからこれまでただの一度もお医者さんや病院にかからなかった方は、おそらく一人もいらっしゃらないかと思います。 また例えば夜中に突然お腹が痛くなって我慢できなくなったとします。そうしたら誰もが近くの病院の夜間外来などを利用して、お医者さんに診てもらうことでしょう。 ですが、実はこのような日本の医...
土屋人紹介

土屋人紹介25  高山力也

私は今から二年ちょっと前の'17年ゴールデンウイーク前後に、当社ユースタイルラボラトリー株式会社に入社しました。それまでは京大の山中先生で脚光を浴びつつある再生医療の事業化を手掛けるベンチャー企業を始め...
ブックレビュー

『黒地の絵』 松本清張 新潮文庫

もちろん地元の方はよくご存知かと思いますが、北九州市役所のすぐ西隣には幕末の第二次長州征伐で激戦地の一つにもなった小倉城があり、その敷地一角には松本清張記念館がひっそりと佇んでおります...
ブックレビュー

『究極理論への夢』スティーヴン・ワインバーグ(著)/小尾伸弥&加藤正昭(訳)/ダイヤモンド社

学生時代の私の友人の一人に、スティーヴン・ホーキング博士(この方もALSでしたね)の熱烈なマニアがおりました。当時は彼を始めとする同級生と一緒に、夜な夜な安酒を片手に宇宙論や世界の仕組みについて語り明かしたものです。現代物理学における基本相互作用は「重力」「電磁気力」「強い相互作...
コラム

生命について

みなさん、今日は。甲府の高山です。 当然のこととして、みなさんは生きており自身が生命というものをもっていることを自覚しているかと思います。ですが、古代ギリシャの時代から21世紀の現代に至るまで、未だに「生命の定義」は定められていないのです...
コラム

メンズ土屋③  蓬莱軒@山梨県甲府市

場所は甲府駅から南に15分~20分くらい下りていったところ。甲府事業所からも徒歩10分以内で行ける距離です。 実はこのお店、私が本格的に甲府へ赴任する前から密かにチェックしていました。 公式ホームページによりますと、どうも「支那そば復元発祥のお店」だそうです...
コラム

コミュニケーションツールいろいろ

みなさん、今日は。甲府の高山です。 今回は何らかの事情で発語が困難になった方とコミュニケートするため利用できる、様々なツールやテクノロジーについてご紹介したいと思います。 1.文字盤 ツールは色々とあるのですが、その中でも最もメジャーなのは...
ブックレビュー

『おバカさん』遠藤周作/角川文庫

ドストエフスキーの『白恥』という作品をご存じでしょうか?『罪と罰』などで知られるロシア作家のドストエフスキーが究極の善人とは何であるかを描いたものです。 今回ご紹介する『おバカさん』は、遠藤周作ヴァージョンの『白恥』...