吉田政弘

吉田政弘

土屋人日記16 「優しい心(ホスピタリティの気持ち)」に癒される

私は本日も「重度訪問介護従業者養成研修 統合課程」でお話しをさせていただいている。 本日は10名以上の方がご参加いただいている。 この統合課程に来てくださった方の「動機」を聞くのが私の楽しみの一つとなっている...
コラム

第四回連続学習会報告 【①ALS患者が語る福祉とは何か~根本を皆で考えてみませんか~ ②看取りはどこで?】

第四回】土屋訪問介護事業所連続学習会 日時:令和元年12月21日㈯ 場所:鞆公民館 時間:10:00~13:00 <アジェンダ> ・全国障害者在宅生活支援事業所連絡会 事務局長 吉岡 挨拶 ...
吉田政弘

生と死について16  「私の中に父が生きている」

「あの人は今も私の心の中で生きている。」というセリフを小説やドラマでよく見ることがある。この言葉に対して、私はどこか恥ずかしさを感じ、感傷的・情緒的な気持ちは察するものの、リアリティのある感情というよりは、トレンディな「台詞」として理解していた...
コラム

守るべきは残される家族とヘルパー達

重度訪問介護の現場ではご家族と関係者一同が担当者会議という形で集まり、利用者の最期を想定した緊急時の対応を話し合うことがある。毎回大きな論点になるのは、利用者の容体が急変した場合に救急車を呼ぶか呼ばないかである...
コラム

復帰したい会社とは

先日、兵庫で一緒に仕事をしている女性コーディネーターの同僚にお子さんが生まれた。ここ最近の中でも特別嬉しいニュースだった。彼女には、今は仕事のことは考えず、専ら体調の維持・回復とお子さんとの貴重な時間を楽しんでいただければと思っている。  彼女は現在、産休...
すばらしいチーム

すばらしいチーム11

私が最近すばらしいと感じたチームはワールドカップバレーボール男子日本代表チームです。  最近ラグビーワールドカップで日本列島が盛り上がっている中、実は裏ではバレーボールのワールドカップも開催されていました...
コラム

『全国展開の有効活用』

先日、愛媛県にお住まいの方から、兵庫県の病院に通院するので6日程度の兵庫県内での支援をお願いできないかというお問い合わせをいただいた。  その通院スケジュールまでは数日しかなく、ご利用者様はヘルパー事業所探しのためにあらゆるところにお電話を掛けておられたという...
吉田政弘

『土屋のスタッフは質が低い!?』

『土屋のスタッフは質が低い!?』 吉田政弘  「土屋のスタッフは質が低い。」と言われたことがある。利用者からではなく、地域密着型の重...
吉田政弘

座談会 『平和』な社会を作る重度訪問介護

日時:令和1年9月4日㈬ 対談者:安積遊歩さん、高浜敏之 司会:吉田政弘 【重度訪問介護創設の背景とサービス化している現状】 (吉田)安積さんは重度訪問介護制度の創設においても先頭を切って活動されており、今でも精力的に活動されていますが、その原動力は育った環境によるものなのか...
よきリーダー

よきリーダー8

私が現在リーダーシップを取るうえで意識していることは「自分の非を認めること」である。私は現在失敗と反省続きなのでこれが「よきリーダー」の条件になるかは分からないが、私がこれまで仕えてきたよきリーダーは皆「自分の非を認めること」ができる人だったので...
吉田政弘

「生」と「死」に向き合う仕事 

皆さんは自分が進行性の病気になった場合、その病気が今後どのように進行し、自分がどのようになっていくのかを知りたい派か知りたくない派かどちらだろうか。  私は知りたくない派だと思う。実際にそのような境遇になったら知りたくなるかもしれないが、現時点では知りたくないと考えている...
よいヘルパー

よいヘルパー17

私が思う「よいヘルパー」は「責任感」があるヘルパーである。  もちろん、介護経験やオムツ換えの技術、医療的ケアの技術などがあれば尚良いが、私は「責任感」があるだけで既に100点のヘルパーだと思う。 逆に「責任感」...
ブックレビュー

ものの見方検定~「最悪」は0.1秒で「最高」にできる!~』  ひすいこたろう/祥伝社

今回は私が思わず本屋で衝動買いをしてしまった一冊をご紹介します。『人生を退屈にするが、面白くするか。決めるのは「考え方」です。たとえ、大ピンチにおいこまれたとしても、たとえ犬のウンチをふんだとしても、たとえ絶望の底に陥ったとしても、たとえ妻が悪妻でも、夫がどうしようもない男でも、ものの見方次第でそれを面白がれて、...
コラム

えっ!介護職ですか!?凄い!! ~介護職の地位向上のための「共通価値」~ 

私は介護職に転職したが、正直なところ周囲の反応は微妙である。大学の同期「おまえ、チャレンジャーやな。。。確かに大事な仕事やね。」/以前の会社の同僚「何かやってしまったんか?」/妻のご近所トーク「。。。旦那さん、優しいんやね。」。。。こういうのを聞くと、介護職って本当に評価が低いなと実感する。 現在介護職のマネージ...
コラム

「共依存」にご用心!

重度訪問介護の現場では、「共依存」という現象が稀に起こる。「共依存」とは、読んで字の如く、利用者様とヘルパーが互いに依存し合う現象である。互いに依存し合って何が悪い、美しいではないか、と一瞬思ってしまうが、この共依存という現象は結果的に利用者様の在宅生活を脅かすことになってしまうので、注意が必要である。共依存は介護..
ブックレビュー

アリストテレス (講談社学術文庫) 今道友信(著)

今回はコラムでもご紹介させていただきましたが、私が歴史上の思想家、哲学者で尊敬しているアリストテレスの入門書をご紹介させていただきます。 アリストテレスは「万学の祖」と言われるように、形而上学、倫理学、論理学といった哲学関係のほか、政治学、宇宙論、天体学...