【イベントレポート】土屋訪問介護事業所連続学習会:【第四回】①ALS患者が語る福祉とは何か~根本を皆で考えてみませんか~ ②看取りはどこで?

【イベントレポート】
土屋訪問介護事業所連続学習会
【第四回】①ALS患者が語る福祉とは何か~根本を皆で考えてみませんか~ ②看取りはどこで?

令和元年12月21日に、長岡貴宣さん・馬越民恵さんと共に、 福祉当事者の声を表に広め、当事者視点での生きやすさの生活設計を社会にもっと知ってもらう為にも
表題の勉強会を開催いたしました。

実施日時:2019年12月21日(土)
場所:鞆公民館 大会議室(〒720-0201 広島県福山市鞆町鞆423番地1(福山市役所鞆支所内))

当日は多くの方々にご参加頂きまして、大変盛況で終了いたしました!

次回のイベント詳細へ

【講師】:長岡貴宣(ながおかたかのぶ)さん



プロフィール
1962年 静岡県牧之原市出身
1998年 広島県公立高等学校教員に
2015年 広島県立御調高等学校赴任
2015年7月 剣道の稽古中左手に違和感を感じ整形外科を受診するが原因わからず
2016年3月 ALS と診断される
2017年12月 広島県立御調高等学校休職へ
2018年6月 胃ろう造設
2019年9月 気管切開し、人工呼吸器装着
現在、日本ALS協会広島県支部副支部長



【講師】:馬越民恵(うまこしたみえ)さん



プロフィール
岡山済生会高等看護学院卒業。
結婚後、暫くは主婦業に専念
その後、看護職に復帰。
特養経験を経て有料老人ホームの施設長、管理者を務める。
定年退職後、地域の介護予防活動やボランティア活動に参加現在も活動中。
某高等学校の非常勤講師、岡山ビジネスカレッジ非常勤講師など人材育成に携わる。