メインスタッフ紹介

高浜 敏之Takahama Toshiyuki
略歴 岡山県在住。2児の父として週末はイクメン修行。 趣味はボクシング、文学等。慶応義塾大学文学部卒。20代はボクサーを志したり、中上健二や三島由紀夫に憧れ文学者を志すが挫折。様々な職を経て、30歳で重度訪問介護への従事と同時に全国公的介護保障要求者組合の事務局を担う事に。 30代は社会的マイノリティーの権利回復にコミット。認知症対応型グループホームでの介護職を経て2012年5月に弊社立ち上げに参加。デイサービス土屋の管理者、生活相談員、土屋訪問介護事業所やユースタイルカレッジを立ち上げ。現在は土屋訪問介護事業所ゼネラルマネジャー・ユースタイルラボラトリー最高執行責任者・全国障害者在宅生活支援事業者連絡会の発起人。
吉岡 理恵Yoshioka Rie
略歴 1981年東京都生まれ、東京都立大学経済学部卒業。OL時代にフルマラソンに挑戦し完走8回、趣味は料理と読書。 大学在学中にオーストラリア、マッコーリー大学に公費留学、帰国後法律系事務所でOLとして働く。 2014年東京都職場体験プログラムを機にESLのデイサービス、ユースタイル諏訪ノ森で介護職デビュー。 2016年より常勤職員として土屋訪問介護事業所の重度訪問介護事業に参加し各地のマネージャーを務め現在に至る。 2018年介護福祉士登録。
小黒 昭洋Oguro Akihiro
略歴 福岡県出身 趣味は旅行。 高校卒業後、営業でさまざまな人との関係性を学ぶ。 実家の建設会社で勤務 取引のある中国、上海にて日本とのギャップを感じ帰国後、 日本で勤務するも海外で生活したい気持ちが強く再度渡航、中国・香港にて7年生活。 将来を考え帰国後 将来性のある介護職 ユースタイルラボラトリ―株式に入社、 2017年よりデイサービス中野坂上で介護職デビュー、 2018年より九州立ち上げの為 福岡で勤務。
五十嵐 憲幸Igarashi Noriyuki
略歴 文学部北欧文学科中退後、フリーターとして幅広い分野の社会経験を積み公務員へ。その後家電修理業で職人の世界を垣間見、2010年10月から「やはりこれからは介護の時代だ」と介護の世界へ入り賃金の低さを知る。6年に渡る高齢者介護を経験し近い将来の可能性を信じて2016年10月ユースタイルラボラトリー株式会社入社。東京、千葉での修行後2017年4月に土屋訪問介護事業所全国展開の幕開けとなる大阪へ移住するも同年12月には北海道へ。ヘルパー人生の始まりと同じくして罹患した掌蹠膿疱症と10年もの付き合いをしながら現在は北海道東北担当として活動中。
佐藤 飛美Sato Asumi
略歴 1981年東京都三鷹市生まれ、深大寺そばで有名な調布市育ち。 ウーパールーパーをこよなく愛し癒しとする日々、料理は大の苦手で食べる専門、趣味は映画と魚 慢性腎臓病(CKD)患者の食事療法をサポートする仕事に携わること10年。 もう少し人と距離の近い仕事をと考え転職先に選んだESLにて、2016年より重度訪問介護現場にて介護職デビュー。 非常勤アルバイトからスタートし常勤職員へ、現在はマネージャーとして東京エリアを中心に関東ブロックの運営に携わる。2019年介護福祉士登録。
笹嶋 裕一Sasajima Yuichi
略歴 1978年、東京都生まれ。三児の父として目下奮闘中。バリスタに憧れカフェ勤務、その後マンション管理の営業を経験し、2013年4月ユースタイルに入社。介護職員としてデイサービス土屋中野坂上、ユースタイル諏訪の森に配属後、同年12月にデイサービス土屋若宮の管理者となる。富山型デイサービスに倣い、ユースタイル初の多世代交流型デイサービスを運営。保育園には預けずに、「デイで働きながら利用者様と子供を育てる」スタイルを確立し、現在まで計7名の子育てママさんが活躍。その後、通所介護、訪問看護、介護保険訪問介護事業部のマネジャーを歴任し、主に介護保険分野を担当。
八木橋 武尊Yagihashi Takeru
略歴 1986年青森県生まれ。2014年 ジムインストラクター業と兼務で土屋訪問介護事業所にアルバイト入社、ALS等難病対象者の在宅生活支援にて夜勤を担当。2016年2月 介護×ITを掛け合わせ介護難民の解決と介護職の待遇改善等に取り組むESLに共感し常勤へ。資格取得後、コーディネーターへ昇進。サービス提供責任者業務を軸に採用面接や講師も担当する。12月 大阪のエリアマネジャーへ昇進。関西全域でチーム構築とリーダー育成に尽力する。翌年1月 関西ブロックマネジャー就任。4月には関西東海北陸エリアスーパーバイザーに就任。プライベートでは最愛の娘が生まれ、仕事と家庭の両立を目指す。全国障害者在宅支援連合会立ち上げと同時に渉外委員長へ就任。
杉 隆司Sugi Takashi
略歴 福井県出身、2児の父。幼少期は宇宙飛行士を目指すが、中学で担任からの適性は体育教師だという一言で方針転換。大阪体育大学卒業後教員試験の不合格により、金融営業として就職、体力・精神力を武器に17年勤務。しかし、パーキンソン病を患う父に対する訪問介護者の働く姿を見て40歳で介護業界への転職を決意。福井の実家は在宅介護環境が充分でなく、晩年は他界した父が望んだ自宅生活を提供出来なかった事を遣る瀬無く感じた。現在は在宅介護を望む方々へ応えられる組織・人材育成に邁進中。好きな言葉は、孟子の言葉。 “至誠にして動かざる者は未だ之有らざるなり” 2018年4月にユースタイルラボラトリー入社。2019年1月より大阪エリアマネージャー。