サービス

重度訪問介護とは

重度の肢体不自由または重度の知的障害もしくは精神障害があり常に介護を必要とする方に対して、ホームヘルパーが自宅を訪問し、入浴、排せつ、食事などの介護、調理、選択、掃除などの食事、生活等に関する相談や助言など、生活全般にわたる援助や外出時における移動中の介護を総合的に行います。
このサービスでは、生活全般について介護サービスを手厚く提供することで、常に介護が必要な重い障害がある方でも、在宅での生活が続けられるように支援します。

対象となる方

・重度の肢体不自由・知的障害・精神障害により、行動上著しい困難を有する障害者であって常時介護を要する方
・障害支援区分4以上で、次の(1)、(2)のいずれかに該当する方
(1)次のaおよびbの両方に該当する方
a 二肢以上に麻痺などがある
b 障害支援区分の認定調査項目のうち、「歩行」「移乗」「排尿」「排便」のいずれも「支援が不要」以外と認定されている
(2)障害支援区分の認定調査項目のうち行動関連項目等(12項目)の合計点数が10点以上である
これらに該当するとして、ALSや、筋ジストロフィー、多系統萎縮症などの難病、脳性麻痺、脊髄損傷、重度心身障害、強度行動障害などの方が多く利用しています。

自己負担額

18歳以上の場合は利用者とその配偶者の所得、18歳未満の場合は児童を監護する保護者の属する世帯(住民基本台帳上の世帯)の所得に応じた自己負担の上限月額があります。(※注1)
ただし、上限月額よりもサービスに係る費用の1割の金額の方が低い場合には、その金額を支払います。
(※注1 上限額は0円から最大で37,200円)

土屋の特徴

医療的ケアの
できるスタッフが
豊富に在籍

医療従事者しかできなかった「胃ろう等でのお食事、服薬(経管栄養)」「たんの吸引(喀痰吸引)」。
土屋訪問介護事業所のヘルパーはこれらの医療行為を行うことができます。

全国
24時間365日の
対応力

昼夜を問わず、長時間のご要望にもお応えします。お気軽にご相談ください。

詳しく見る

サービス開始までの流れ

① お問い合わせ

お電話もしくはメールからまずはお気軽にお問い合わせください。


お問い合わせ

② ご相談・ご申請

お住まいの市区町村の相談支援事業所または障害福祉の窓口に相談します。
申請の時に、「サービス等利用計画」を作成するため、希望する計画相談支援の事業所を選択します。
市との調整後、計画相談支援の事業所が「サービス等利用計画案」を作成し、提出します。
なお「計画案」は、本人や家族、支援者等が「セルフプラン」を作成することも可能です。

③ 調査

認定調査員が、現在の生活や障害の状況についての調査を行います。

④ 障害支援区分の判定

公平を期すために、全国統一の調査項目が定められ、コンピューターで判定されます。(一次判定)
一次判定の結果と医師意見書をもとに障害保健福祉をよく知る委員で構成される障害支援区分認定審査会で二次判定が行われ、障害支援区分が決まります。

⑤ 支給量の決定

障害支援区分や介護する人の状況、申請者の要望などをもとに、サービスの支給量などが決まります。
決定内容が支給決定通知書により通知され、受給者証が交付されます。

⑥ 契約・利用開始

事業所と契約し、サービスの利用を開始します。

サポート実績をご紹介

土屋訪問介護事業所では、あらゆるニーズに対応すべく、日々邁進しております。
その中の1例を利用者様のお声と共にご紹介いたします。
症状・障害
ムコリピドーシスⅢ型 強迫性障害(30代 男性)
ケア状況
状態
以前は、日中一時支援、日帰りレスパイトと短時間の居宅介護を利用されていました。が、施設、病院に行くことに不安を感じ、自傷行為や大声を発し夜眠らないことが続いていました。お母さまも介護のため、眠れない日々が続き、うつ病になり過食症を患っていました。

サポート
サポートは夜間から早朝。服薬管理、食事介助、排泄介助、コミュニケーション支援。特にコミュニケーション支援は、利用者さまを楽しませることで、眠りにつくと夜中起きず、熟睡すようになりました、お母様は睡眠時間を確保でき、毎朝が気分がいいとのことです。

効果
ご本人は『24時間、365日…ずっと家で暮らせる』と安心できた事、お母さまは体調が良くなり、様々なことに気づけるようになった、一緒にヘルパーがついてもらえると心強いと、お喜びの声を頂いています。