土屋の特徴

ALSや筋ジストロフィー、またはそれらと同程度の障害をお持ちの方がお困りのことといえば、

1時間毎の喀痰吸引
胃ろう又は経鼻経管での栄養摂取
寝返り(体位交換)

これらのケアを24時間行うには家族の眠る時間を削って行う必要があり、困難を極めますが、もしこの時間を医療従事者で賄うには、高額な費用を必要とし、一般的なご家族が負担するのは現実的ではありません。

そのため結果として24時間付きっきりで見守るご家族が、介護疲れで燃え尽きてしまい、止む無く入院・施設入所を選ばれるというケースが後を絶ちません。しかしながら大切な家族と一緒にずっと過ごしていたいという願いは切実なものです。

折角自宅で過ごす決断をされた皆様に
「自宅で過ごす選択をしてよかった」
と思って頂きたい
「これからも家で過ごせる」
と自信を持って頂きたい


どんな障害をお持ちでも、誰もがそんな気持ちで生きていってほしい。

それを実現するべく当事業所では同一法人運営の《ユースタイルカレッジ》にて、医療的ケアを行うために必要な重度訪問介護従事者研修(統合過程)を全ヘルパーが受講し、皆様の生活を支える準備を整えております。また、24時間365日体制でサービス提供をさせていただいております。

当事業所は、訪問介護、ケアマネージャー、その他専門職が在籍する力強いバックアップ体制を整えた事業所を全国に展開中です。
お住まいの都道府県に土屋訪問介護事業所がまだない場合もお気軽にお問い合わせください。
あなたの暮らしを支えるために私たちは全力を尽くします。

⇒ サービス開始までの流れ