ニュース&ブログ

7月6日(月)ミーティング振り返り ~ PDCAサイクルと、売り上げ目標への 定量的アプローチは大切 ~ 吉田ひとみ

7月6日(月)ミーティング振り返り ~ PDCAサイクルと、売り上げ目標への 定量的アプローチは大切 ~

吉田ひとみ



PDCAサイクルという単語は初めて聞いた為とても勉強になりました。今までを振り返ると、思うようにいかなかったことや結果が出せなかったことについて、なぜ?どうして?という原因は突き詰めていたつもりでいましたが、それを踏まえてどういう対策をしたら良いのか、具体的な改善案を出せなかったように感じます。そうこうしている内にどんどん次のタスクが増えて優先順位が分からなくなり、後回しにしてしまった結果でもあると思います。

またこれまで、目標などを数字にするといった、定量的なアプローチが出来ないことは存在すると思い込んでしまいがちでした。単なる言い訳に過ぎないと思いますが、やはり目に見えないものを可視化して数値化することは難しいと感じていました。

売上目標や顧客満足度などは具体的に可視化しやすいけれど、マインド面において定量的に目標を設定、多少自己満足に陥ってしまうこともあるが、人それぞれのモチベーションやマインドは数値で表すことが難しいと感じていました。

介護と営業というのは以前だと結び付かなかった部分なのですが、売上を伸ばし利益を得る為にも必要不可欠なものなんだと今、改めて感じている毎日です。

サービスに入ってる時、一晩の夜勤がいくらの売上、あとは自分が担当してる利用者さんの売上など、数値的に考えることに対して物凄く抵抗があったのは確かです。しかしながら、これこそがマネージャーの役割なのだと実感しました。

目先の売上目標があり、如何にして営業戦略を立て、その目標を達成出来るか、そこをチームの為に考えるのがマネージャーの役割だと強く感じました。

がむしゃらにやるだけではチームが疲弊してしまいます。具体的な対策、チームとしての方向性、認識の擦り合わせをすることで、今後もマネージャーとして貢献していきたいと思います。