ニュース&ブログ

ニュース 介護記録の適切な書き方及び活用法 〜効率的な情報共有とリスクマネジメントの体制づくりのために〜 のお知らせ

ニュース 介護記録の適切な書き方及び活用法 〜効率的な情報共有とリスクマネジメントの体制づくりのために〜 のお知らせ


以下、かながわ福祉サービス振興会(福祉教育課)からのご案内です


日時 2020年7月29日 10時0分 ~ 17時0分
会場 振興会セミナールーム (横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9F)

「介護現場では介護記録が大切」と言われながら、日々の業務に追われ、充分な介護記録を残すことが出来ない、または介護記録の取り方によって、せっかく残した記録も日々の業務や利用者のケアに結び付けられないことはありませんか?

当講座では、介護記録に関する様々なトピックスを交えながら、介護記録の目的、介護記録を取るための大切な視点、介護記録の活かし方、そのための環境整備の手法等を多視点から学びます。記録が情報共有やリスクマネジメントだけでなく、職員の仕事への姿勢や組織の連携を改善させたり、家族連携を深める等様々な可能性に気付けるプログラムとなっています。


≪カリキュラム≫
<前半 介護記録の総論>
◎ 介護記録の目的とは
◎ 記録を取る上での重要な視点とは
◎ 介護記録及び書式の確認ポイント
◎ サービスの質の向上のための記録の活用

<後半 演習+介護記録整備編>
◎個別演習
◎職員の記録を促す「環境の整備」
⇒記録の負担を減らす重要性
⇒記録の環境と職員及び組織体制の検討
◎介護記録の管理の仕方
⇒紙媒体?電子媒体?記録手法の検討
◎メモの重要性と記録への活用術
⇒記憶とメモの関係性とその活用

【参加対象・定員等】
介護福祉関係者及び興味のある方


【定員】 30名

【参加費】かながわ福祉サービス振興会会員(法人・個人)10,000円    
一般 12,000円
 

【参加申込先・申込方法】
かながわ福祉サービス振興会(福祉教育課)


関連資料に添付してある申込書にてFAXまたは郵送でお申し込み下さい
(かなふくセミナーのホームページにてネットでのお申し込みもできます)


※こちらのイベント/番組はユースタイルラボラトリー株式会社及び土屋訪問介護事業所とは一切関係ありません。あくまで福祉に役立つ情報として掲載させていただいているものとなります。ご了承ください。