ニュース&ブログ

外部サイト、『DPIの日本会議』のご紹介

外部サイト、『DPIの日本会議』 のご紹介



私たちの「障害」を見る目は“正しい”のか

障害について考える時、自分が過去受け取った情報に基づいて、または組み合わせて考える、イメージを作るということになると思います。
無論ものを考えること全般に言えることですが、考え方の基礎自体を共有している人同士であれば、話が早い、結論への到達が早いのはイメージできると思います。

しかし同時に、考えの基礎が同じであればあるほど、両者にとって、解決不可能な、むしろ発見もできない課題というものも“未解決なまま共有されてしまう”ということもおさえておかなければならないでしょう。

法、言語、言語がもたらす情報を共有したとき、これ以上は考えられないなと思ったある種のマンネリの姿に、他文化の観点、つまり「他の国から見たらどうなのかな」という視点の増設が、鋭い光を当てることがあるでしょう。

宇都宮病院での虐待事件に光を当てた団体、DPIの日本会議のご紹介です。

詳細は下記のリンクから↓

『DPIの日本会議』


※こちらのサイトはユースタイルラボラトリー株式会社及び土屋訪問介護事業所とは一切関係ありません。あくまで福祉に役立つ情報として掲載させていただいているものとなります。ご了承ください。