ニュース&ブログ

7月6日(月)ミーティング振り返り ~ PDCAサイクルと、ゴールを数字で表すことの大切さ ~ 魯山香織

7月6日(月)ミーティング振り返り ~ PDCAサイクルと、ゴールを数字で表すことの大切さ ~

魯山香織



前職の業務の中でも「PDCA」や「KPI」は身近にあったので、今回の研修で振り返りすることができ良かった。
入社して1年経ったがヒシヒシと感じていることは、扱う商材が変わっても管理職の業務は、基礎武部分ではどんな職業も変わらないということだ。 「PDCAサイクル」をもとに物事を考える。営業戦略を達成する。繰り返す・・・

そんな日々に少し疲れてしまった部分もあり、転職のきっかけの1つになったわけだが、決定的に変わらないようで大きく変わった部分がある。
それは言わずもがな福祉の業界にいさせてもらえていることだし、誰かの人生をサポートさせてもらえているとゆう使命感だ。

数字という名の売り上げはずっとついて回るもので、本当に逃げたくなったり、心くじけてしまいそうになることもあるが、上記に挙げたことが自分を奮い立たせてくれているのだろうと自負している。

また、冒頭に「うさぎとかめ」の話があり、何となく知っているレベルだったが改めて考えさせられた。うさぎはゴールでなく亀を見ていて、結果的に亀に負けてしまう。本質を見極めて決まったゴールに向かって仕事も行う、というのが一般的な考え方で納得できる部分も大きい。ただうさぎも悪い部分しかないという見方ではなく、「周りの進捗具合やレベルに合わせる」という見方をしてみると、また新しい発見もあるのかなと思う。(さぼって居眠りしてしまうのは良くないですが)。
このような例え話が私は好きで、自分の経験談なども織り交ぜながら人に物事を伝えるよう工夫している。
まだ引き出しは少ないし経験も浅いので、日々の業務やこの研修で学ばせていただき成長していきたいと思う。