ニュース&ブログ

外部イベント、鶴見済氏「 不適応者の居場所」のご紹介

外部イベント、鶴見済氏「 不適応者の居場所」 のお知らせ



鶴見済さんが毎月開催している「不適応者の居場所」をご紹介します。
ご自身も会社勤めをされていた頃、もともと社交が苦手であったことから人間関係に苦慮されたご経験があり、「コミュ障」という無神経な言葉が振りかざされる昨今、(私に言わせればコミュ障と言う方もよっぽどコミュニケーションが浅い人達ですが。)“つながりをなくしがちな人たちがただ駄弁る会”としてこの「不適応者の居場所」を月に一度開催なさっておられます。

何か勉強しようとか、そういう場ではなく、社会のあちこちで散見される、理不尽な同調圧力に適応できない、いわば当たり前の神経の持ち主が集まっているかもしれないな、と過去の開催報告を読むと感じます。参加資格は他参加者に迷惑をかけなければ良いというものであったと思います。来て寝ててもいいということです。

鶴見済氏といえば、1990年代の奇書、『完全自殺マニュアル』の著者としてご記憶の方も多いかと思います。
「いつでも死ねる」とわかること、イメージすることが、逆説的に自分の心を軽くさせることはある。いつでも死ねるし死は遠くないと思えば、自分の選択以外に気を使う必要もないか。とも思える。そういう意図があったとどこかで読んだし、また私自身も納得の行くところです。
自殺への誘い、扇動である、けしからん!という当時から未だに散見される評価に、もうご本人は反論なさるのには飽き飽きであろうから、一度ここでも申し上げておきます。
あれは良書です。私も鶴見氏に、心のどこかの部分を助けてもらった一人として、私は断言しておきます。


詳細は下記の鶴見氏ご本人のブログに毎月日時と開催場所が掲載されます。↓

鶴見済氏「 不適応者の居場所」


※こちらのブログやイベントはユースタイルラボラトリー株式会社及び土屋訪問介護事業所とは一切関係ありません。あくまで福祉に役立つ情報として掲載させていただいているものとなります。ご了承ください。