ニュース&ブログ

ニュース 『相模原から広げよう~ともに生きる学校・ともに生きる社会~』のご案内

ニュース 『相模原から広げよう~ともに生きる学校・ともに生きる社会~』のご案内



以下、主催団体 バクバクの会~人工呼吸器とともに生きる~公式ホームページからの引用です。

相模原から広げよう~ともに生きる学校・ともに生きる社会~
風よ吹け!未来はここに!!」ドキュメンタリーDVD上映会と意見交換会

 たんの吸引や、経管栄養、胃ろう、導尿などは、生きるために必要な生活支援行為です。しかし、医療的ケアが必要なために、学校や社会での生活に多くの制約があります。人工呼吸器を付けることでも、多くの制約がでてきます。
 医療的ケアってどういうもの? 医療的ケアや人工呼吸器が必要な人たちはどんなふうに暮らしているの?
 医療的ケアや人工呼吸器を必要としながら暮らす子どもたちや人たちの姿にふれてみませんか? そして、どうすれば、医療的ケアや人工呼吸器が必要でも、地域でともに学び、ともに生きられるのか一緒に考えていきましょう。

日時 2020年2月23日(日)
13:30 開場/受付
14:00 DVD上映会(60分)
15:00 休憩 (15分)
15:15 講演① (30分)
正木 寧子, 篤くん(人工呼吸器ユーザー)
『前例は「ない」のではなく、「作る」もの ~誰もが地域で学び育てるように~』
広島市立長束小学校5年生 正木 篤ファミリー
広島市立の幼稚園を経て、地域の小学校に入学。以後、段階的に保護者の付き添いは減っていき、4年生の夏には完全に付き添い撤廃となった。
15:45 休憩 (10分)
15:55 講演② (30分)

地元のバクバクっ子紹介(光菅 和希くん, 田嶋 凛音さん, 佐野 涼将くん) 16:25 意見交換会
17:00 終了

会場 相模原市立産業会館(3階 大研修室)
(相模原市中央区中央3-12-1)



お申し込みは主催団体 バクバクの会~人工呼吸器とともに生きる~公式ホームページをご参照ください。

 

※こちらのイベント/番組はユースタイルラボラトリー株式会社及び土屋訪問介護事業所とは一切関係ありません。あくまで福祉に役立つ情報として掲載させていただいているものとなります。ご了承ください。