2019-12

土屋人日記

土屋人日記10 世界チャンピオンとの出会い

かつてデイサービスで勤務をしていた時、 ケアマネ通信というショートコラムを地域のケアマネさん宛に配信していた。 納期は毎週1本。ショートコラムといっても、じんわりとしんどい。 そんな時、テーマがよく浮かぶのは、なぜか送迎中が多かった...
生と死について

生と死について44 今を必死に生きる姿

重度訪問介護や福祉に携わっていると、ご利用者様の死に直面することがある。 訪問入浴をしていた時に心肺停止のため、緊急対応をした事があった。 心肺停止・・・心臓が止まるという事は文字通り死を意味する...
生と死について

生と死について43  「生」は膨大な圧倒的「死」の中に小さく存在する

ことばは沈黙に  光は闇に  生は死の中にこそあるものなれー これは、『ゲド戦記』 (アーシュラ・K・ル=グウィン著)の冒頭に記された言葉の一部だ。 とても力のある言葉だと私は思う。 力のある言葉はいつも...
ニュース

2019年の御礼

2019年の御礼〜職員一同より
安積遊歩

ケア・ハラスメントを考える〜利用者の立場から〜

障がいを持って女性として生きていると、この社会の常識というものに縛られずにものを見れる瞬間が多々ある。一番思うのは男性と向かい合った時に感じるものだ。 この社会は、特に日本の男社会は女性を、性的なターゲットとして見ているので...
ニュース

ニュース 『「Diversity on the Arts Project 」2020年度 4期生を募集』のご案内

公式ホームページからの引用です。 「Diversity on the Arts Project 」(通称:DOOR)は、「アート×福祉」をテーマに、「多様な人々が共生できる社会」...
土屋人日記

土屋人日記9 年末年始も支援に入ってくださるスタッフの皆様に感謝したい

年末年始が近づき、利用者さん宅も土屋スタッフも慌ただしい雰囲気になっている。  ある利用者の方が年末年始は肝が冷える時期だと仰っていた。何故かとお伺いしたところ、ドクターも訪問看護も、中には介護事業所もお休みに入るからだという...
生と死について

生と死について42 晩年の楽しみ

高度経済成長期を支えた人達が今介護を必要としている。 それは男性であっても女性であっても、戦後の混乱期を潜り抜け大変な時代を過ごされた方々である。 財を成した人も、生活保護を受けている人も皆何かしらの苦労をされてきた人ばかりである。 この業界に入って...
生と死について

生と死について41  人生の終焉

昨年父が102歳の生涯を閉じました。 仕事のお休みの日は介護に通い、「あーお休みにゆっくりしたい」とよく思ったものですが、介護生活は突然に終わりがやって来ました。 父の年齢も年齢なのでいつ何が起こるか分からないと認識しつつも、その日が訪れるとなかなか受け入れ難く、 ...
生と死について

生と死について40  祖母の突然の死

死について考えてみる。 交通事故で亡くした祖母のような突然訪れる死もある。 死刑を執行する国がある。 自ら死を選択される人もいる。 スイスでは安楽死が認められている。 延命を選択される人もいる。 死の方法や時期は、選択ができる時とできない時があることに大別される...
ニュース

ニュース 『ハーバード人気博士直伝! WellbeingのためのSPIREモデル実践 -タル・ベン・シャハー博士来日ワークショップ学びシェア会』のご案内

ハーバード大学で、わずか8名で始まった博士の小さなゼミ。その内容の噂が噂を呼び、いつしか受講生が100倍以上の超巨大授業に。ハーバードでもっとも人気のあった講義となり、1学期あたり約1,400名の学生(ハーバード全学生の約2割に相当)が殺到。そんなタルベンシャハー博士の2019年12月の2日間の来日記念ワークショ...
コラム

励ましの言葉

数年前、ある動画でサンタクロースが、集まった小学校低学年くらいの子供たちにプレゼントを手渡しながら、褒めたり励ましたりしていた。たぶん、子供たちへのメッセージは、予め親御さんたちから聞いておいたものだったのだろう。集まった子供たちの中に一人、足に装具を付けて松葉杖で歩いている男の子がいた。一目で...
メンズ土屋

メンズ土屋㉝ 【マトヤ中華】(岩手県盛岡駅南口前)

こんにちは。 宇都宮の佐々木です。食べ歩きが趣味なので宇都宮のラーメンを!と思ったのですが、いまだ、歩き回れておらず今回は、これまでの食べ歩き経験から、選りすぐりのお店を紹介します。 岩手県、盛岡駅南口駅前にあるこのお店、実は京都駅前(八条東口)...
ニュース

ニュース 『暮らしネットフォーラム5~廣瀬明彦氏を囲んで~『この国は、ほんまもんの「共生社会」へ向かっているのか?』会』のご案内

公式ホームページからの引用です。 みなさま、お待たせいたしました。この季節を熱くする今年度の「暮らしネットフォーラム」の案内です。 数えるコト5回目のこの企画。今回のテーマは...
土屋人日記

土屋人日記8 雨樋修繕

月初、利用者様のレスパイトが終わり、私の週末はいつものシフトに戻りました。私がイレギュラーな追加支援を受けたこともあり、その週末は少々ハードなスケジュールとなりました。金・土・日で36.5時間の支援、月初ということで空いた時間は請求業務…。支援現場までの移動時間...
よきリーダー

よきリーダー24  【一貫性】と【謙虚さ】

よきリーダーとは、思考に【一貫性】があり【謙虚さ】を兼ね備えている方と思います。 【一貫性】と【謙虚さ】は、共通して人を惹きつけ、統率力が必要なリーダーにとって必要不可欠であると感じるからです。 【一貫性】を考えるうえで、一つは求心力とのバランスが難しい...