ニュース&ブログ

メンズ土屋⑨富山ブラック「大長」

メンズ土屋⑨富山ブラック「大長」 

佐藤飛美



富山県高岡駅が最寄りの大長ラーメン。

富山と言えば、富山ブラックでしょ!
という事もまるで知らなかった東京育ちの私ですが、仕事帰りの電車内で同僚の吉岡さんや吉田ひとみサンから富山の麺事情をご教授いただきまして…

せっかく富山に行くならブラックラーメン食べねばと立ち寄った先が大長サンでした。

そもそも何故に黒いのか。
素朴な疑問を抱いた私は、道中Wikipedia先生で調べてみましたところ…
富山市中心部で富山大空襲の復興事業に従事していた食べ盛りな若者の昼食として、また汗をかく肉体労働者のための塩分補給として、醤油を濃くしたスープのラーメンを作ったのが起源らしいです。(完全にウィキ先生のコピペです)

さて、食べた感想。
チャーシューがとにかく美味しい、私好みでございました。
そして比較的珍しいなと思ったのですけど、味付たまごというトッピングは存在しない。
お値段680円なり。
メンマとかネギは50円で増量可能。

そんな事より、1番の衝撃はメロンソーダ!
オーダーして待ってる間に、メロンソーダが1杯サービスで出されたのです。

何事かと思いましたが、どうやら炭酸水が胃に入ると心地よい刺激で胃の粘膜を元気にし、消化機能が促進され食欲が増進されるそうで、サービスしているそうです。

思いがけないメロンソーダのサービスに、テンションが一気に上がった私。
美味しくラーメンと餃子を完食し、初の富山ブラック大満足でございました。